全世界で大ヒット中の、スコットランドを舞台にしたテレビドラマ「アウトランダー」。シーズン3の放送開始で、その人気はますます上昇中。話題のドラマのロケ地巡りシリーズ2回目は、中世の面影が残るフォークランドを訪ねます。

前回のアウトランダーロケ地紹介:ホープトン・ハウスの記事はこちら

ドラマ「アウトランダー」のロケ地フォークランドへ

クレアとフランクが2度目の新婚旅行で訪れた村で、中世にタイムスリップ!

スコットランドの雄大な自然と中世の香り漂う街並みを背景に、歴史的な事実を織り交ぜながら壮大かつロマンチックにドラマが展開するアウトランダー。その撮影地のほどんどが、セットではなくスコットランドに実在する古城や街。

そしてじつはこのロケ地、スコットランドの首都エディンバラからアクセスが簡単なところが多いんです。しかも結婚式やハネムーンに関わるスポットがたくさん。

エディンバラからアクセスしやすいロケ地

今回は、エディンバラから車で1時間。クレアの壮絶なデュアル人生の始まりとなった、シーズン1の第1話に登場する村へ行ってみました。

伝統と歴史が魅力の心ときめく中世の街へ日帰りツアー

クレアとフランクが2度目のハネムーンで訪れ、物語の始まりとなった場所、インヴァネス。スコットランドの北西部、ハイランド地方の首都と言われるこのインヴァネスは歴史的に重要な都市。ジャコバイト軍と英国軍が争ったカロデンの戦いも、このインヴァネス近郊で起こりました。

しかし!今回訪れた場所は、実際のインヴァネスではなくエディンバラの北、ファイフ州にあるフォークランドという村。じつは、ここがドラマの撮影でインヴァネスとして使われたんです。

この村、中世の趣がそのまま残る、小さな村。歴史を感じさせる家々、細い小道、そして可愛らしいカフェなどが、こじんまりとしたたたずまいを見せています。

ドラマのインヴァネスとして登場したフォークランド村

まずは街の地図をチェック!道路の数も少なくて、ほんとうに可愛らしい小さな街のようです。でもシーズン1の第1話では、多くのシーンがこの村で撮影されたということ。期待でワクワクです。

フォークランド村の地図をチェック

それでは街の中心、ハイストリートへと歩いて行きましょう。

フォークランドの中心地へロケ場所をもとめて出発

クレアたちが宿泊したB&Bのロケ場所「カヴェナンターホテル」を発見!

むむむっ。さっそく、ここは見覚えがありますぞ。あれは、第1話でMrs Baird’s B&Bとして撮影されたところでは⁈ドラマ同様、ここはthe Covenanter hotelという名前のホテルのようです。

ドラマの中でハネムーンで宿泊したホテル(ロケ地)

ホテルの中に入ると、入り口にはアウトランダー撮影時の写真が!

アウトランダー撮影時の記念写真がホテルに飾られてる

このホテルにはレストランやカフェもあり、宿泊なしでも気軽に利用できるとのこと。お茶するのもよし、ランチに寄るのもよし。でもアットホームで清潔感あふれるこのホテルで、クレアとフランクのように、ハネムーンの一泊を過ごすのもいいですよね。

レストランや雑貨店など続々登場!小さな村は撮影スポットがぎっしり

そしてホテルを出ると、またまた見覚えのある泉が!そうです、ジェイミーのゴーストがホテルの部屋に立つクレアを眺めているシーンに使われたんです泉です。ドラマとまったく同じで、感動。

第1話でジェイミーがたたずんでいた泉

そしてその先には、「キャンベルズ・コーヒー・ハウス(Cambell’s Coffee House)」!

ドラマでカフェとして登場するCambell's Coffee House

ここは撮影以前、薬局だったそう。でもアウトランダーでカフェとして使用されてからは、そのまま飲食店として残されたそうです。

泉を中心に、ドラマの中でクレアとフランクの背後に映し出されていた場所が点在しています。

ドラマ内で食器や家具を扱う店として登場

ブルーの入り口が可愛らしいこのカフェは、ドラマ内では「ファレルズ(Farrell’s)」という食器や家具を扱うお店に扮していたそうです。

店内では可愛いグッズをたくさん取り揃えているので、ハネムーンの思い出の品探しにぜひ立ち寄りたいところですよ。

フォトジェニックな歴史ある宮殿を散策してドラマ気分を味わって

フォークランド宮殿では結婚式もOK

ハイストリートを反対方面に歩くと、重厚感あふれる建物が視界に入ってきます。

ここは、スコットランド王家が所有してたフォークランド宮殿。もともと12世紀に建てられたお城だったところを、スコットランド王のジェームス4世と息子のジェームス5世がルネサンス様式の宮殿として建て替えたそう。

かつて豊かな森に囲まれ狩りが盛んだったフォークランド。この宮殿も、スコットランド王家が狩りで訪れた際に使用されるところだったようです。

悲劇の女王として知られるスコットランド女王のクイーン・メアリーも、ここで狩りなどを楽しみながら、多くの時間を過ごしたとか。ドラマでは、クレアとフランクのバックに何度も映っていましたよね。

ドラマで見覚えがあるはず!背景によく映ってました

9エーカーの敷地を有するこの宮殿には、1947から1952年にかけてPercy Caneによってデザインされた広大な芝生の庭や歴史ある果樹園などがあります。新緑の季節や紅葉の時期には多くの人が散策に訪れるとか。

また、メアリー女王が育てた薬草などが植えられたハーブガーデンも楽しめるんです。クレアが薬草を摘んで歩いたように中世からのハーブ園を散策すれば、アウトランダーの世界観を存分に味わえちゃいます。

宮殿内には広大な芝生の庭や果樹園も

ロイヤル気分を味わいながら、結婚式も挙げられます

そしてなんと、この宮殿では結婚式を挙げることもできるんです。宮殿の南側に造られたチャペルが造られたのは、16世紀から17世紀。そんな歴史を誇る場所で神聖な誓いを交わすことができるなんて、夢のようですね。

憧れのロイヤルウェディング気分を味わえます

チャペルの中は、中世の雰囲気が漂う造り。天井には王冠が施され、壁には聖書が描かれています。そして光が差し込むステンドグラスも印象的。チャペルに飾られていたというタペストリーも素晴らしいです。

チャペルに飾られているタペストリー

このチャペル、現在でもローマン・カソリック教会の礼拝が日曜日には行われているそう。そんな由緒正しいチャペルで、クレアとジェイミーが交わした愛の誓いさながらの、伝統的なスコティッシュウエディング。とびきりスゥイートな思い出になるに違いありません。

宮殿で伝統的なスコティッシュウエディングはいかが

宮殿のお庭でウエディングパーティもOK!

もちろん披露宴だってできちゃいます。敷地内の広大なお庭でのガーデンパーティは、150名まで収容可能。果樹園でのパーティーはさらに増えて、250名の方が集まれるとのこと。

木々の緑が美しくなる春から夏、白いウエディングドレスに身を包んでのガーデンパーティ。想像しただけで、ワクワクしませんか。

宮殿の庭でウエディングパーティもOK

スコットランドで結婚式も思い出になりまうs
(C)National Trust for Scotland

エディンバラ周辺には、ほかにも中世から残る古城や教会がたくさん。クレアの足どりをたどり、アウトランダーの世界に浸りながらのウエディングとハネムーン、両方欲張ってみてはいかがですか?

結婚式もハネムーンも両方欲張ってみては?


<Information>
●ザ カヴェナンター ホテル The Covenanter Hotel
High St, Falkland KY13 7BU イギリス
http://www.covenanterfalkland.co.uk/
Tel:01337 857163

●キャンベルズ コーヒー ハウス Campbell’s Coffee House
The Cross, High Street, Falkland, KY15 7BU
http://campbellscoffeehouse.com/
Tel:01337 858 738

●フォークランド宮殿
https://www.nts.org.uk/Visit/Falkland-Palace/
East Port, Falkland, Cupar KY15 7DA イギリス


■取材協力
Nationaltrust for Scotland
https://www.nts.org.uk/

ヨーロッパ周遊ハネムーン希望の場合はこちら