ストーンヘッジバスツアー

イギリスで最も有名な世界遺産といえばストーンヘンジ。遺跡に秘められた数々の謎は今も解き明かされていません。

パワースポットとしても有名なこの地には、その姿をひと目見ようと世界中から毎年150万人以上の観光客が訪れます。イギリス・ハネムーンの旅行プランに是非このストーンヘンジ、訪れてみたいと思いませんか?

でも、自分たちで行くのはちょっと大変。英語が苦手、海外旅行は不慣れという方も多いことでしょう。

そんな時に現地ツアーに参加していくというのもありですよね。英国政府観光庁が主催している「ロンドンから行くストーンヘンジ・バスツアー」というのもあります。

そこでこのツアー、本当に便利なのか、お得なのかを実際に私が参加して調査してみました。ハネムーンのオプショナルツアーとして検討中のカップルの方、必見です!

「ストーンヘンジ」はいったい誰が何のために建てた?

ストーンヘンジはいつ、誰が何のために建てたのか。その歴史やそこにある意味についてまずは基礎情報を解説していきましょう。

ストーンヘンジの歴史

ストーンヘンジはロンドンから西へ約200キロのところに位置するソールズベリーに存在する遺跡です。ユネスコ世界遺産にも登録され、そのはじまりは紀元前8000年前まで遡ると言われています。

現在の連なった石の部分が建てられたとされているのは紀元前2500年前、約900年をかけて紀元前1600年に完成されました(長い!)。

ひとつ40トンもの重さの石が円形の土塁の中心に30個以上並べられています。

ストーンヘッジの歴史

今は崩れてしまっていますが、昔は縦石の上に横石が載せられ円形状になっていたと言われています。

ストーンヘンジは誰が建てた?

ストーンヘンジを建てた人たちは古代ケルト人、スコットランドに住んでいたピクト人の可能性が高いと言われています。

ストーンヘッジは誰が建てた?
スコットランド・ルイス島にあるストーン・サークル

その理由として、スコットランドには同時代に建てられたとされる140以上の似たようなストーンサークルが残っているからです。

ストーンヘンジは何のために建てられた?

古代の人は何のためにストーンヘンジを建てたのでしょう?その可能性が高いとされている説のひとつに、宗教施設だったことが挙げられています。

ストーンヘンジに使われている石のひとつ「ブルーストーン」は、古くから癒しの効果がある石として親しまれてきました。

現在でも夏至の日にはイギリス国内から多くの人がストーンヘンジに集い、瞑想を行っているそうです。昔の人もここで神を信仰していたのかもしれません。

瞑想に使われたストーンヘッジ

もうひとつの説として名高いのが天文学説。カレンダーも時計もなかった大昔は、作物を育てるために季節の変わり目を知る必要がありました。

また、古代の人々は太陽を覆う皆既月食を恐れていたとされ、月食の日を予測するためストーンを利用して月を観察していたとも言われています。

ロンドンからストーンヘンジまでの行き方は?

ロンドンからストーンヘンジへ行く主な方法は以下の3つです。

  • 1)レンタカーを借りる
  • 2)ソールズベリ駅まで電車で行き、ストーンヘンジまでバスで行く
  • 3)ロンドンからのバスツアーを利用する

レンタカーを借りて車で行く場合は、ロンドンから約1時間40分。イギリスは日本と同じ右ハンドル・右側通行なので、普段運転に慣れている方ならこの方法もありかもしれません。

電車の場合は、ロンドンのウォータールー駅からソールズベリ駅まで約1時間30分。そこからバスに乗り換えて約30分です。ストーンヘンジ入園料を含めて往復71ポンド(日本円で9,200ぐらい)

今回私が参加した英国政府観光庁「ロンドンから行くストーンヘンジ・ツアー」は7,367円です。自由度はないかもしれませんが、料金的にはかなりお得!

電車での移動にチャレンジしたいのでなければ、こちらを利用するほうが便利そうですね。

実際に参加してみました!英国政府観光庁「ロンドンから行くストーンヘンジ・バスツアー」

ストーンヘンジ現地ツアー体験レポート

今回参加したのは、英国政府観光庁のウェブサイトから「プレミアム・ツアーズ」が催行しているストーンヘンジツアー。その予約方法から実際に参加しての感想などをお伝えします。

プレミアム・ツアーズの予約方法

1)ウェブサイトにアクセス

▶「ロンドンから行くストーンヘンジ・ツアー

2)ツアーを選択しお買い物かごへ、料金を支払う

日本円でのお支払いが可能です。Eバウチャーチケットが登録したメールアドレスに送らます。Eチケットは事前に印刷しておき当日持参しましょう。

3)プレミアム・ツアーズに予約メールを送る

英語でプレミアムツアーズに予約のメールを送ります。

以下の例文を参照してください。

ーーーーーーーーーーーーーーー

Dear Premium Tours

 

I would like to make a reservation for stonehenge tour on “10 June 20XX(日にち)”.

 

Time: Morning Tour もしくは Afternoon Tour

No. of people: 2 (人数)

Name: HANAKO YAMADA (名前)

Contact: XXX-XXXX(連絡先電話番号)

E-mail: XXX@XXX.com(メールアドレス)

 

Please let me know the availability and give me confirmation by return.

 

Kind regards,

HANAKO YAMADA(名前)

ーーーーーーーーーーーーーーー

ツアー料金にはストーンヘンジのチケットも含まれているので、現地でチケットを購入する必要はありません

日帰りバスツアーであれば、ロンドンから直行で向かうことができるため、レンタカーを借りる手間や順路の下調べ、電車とバスの乗り換え時間を調べるといった手間も省けて簡単です。

また、英国政府観光庁からのサイトであれば日本語での申し込みが可能で、問い合わせなども日本語でできるので、英語が苦手な方には特におすすめです。

ストーンヘンジのツアーは夏の間、午前と午後の毎日2回、冬の間は1日に1回、月、水、金、土、日とツアーが催行されています。

集合場所「ヴィクトリア・コーチ・ステーション」への行き方

ツアーの集合場所であるロンドンのヴィクトリア駅は電車の駅とバスの駅が離れています

プレミアムツアーズの出発場所は「ヴィクトリア・コーチ・ステーション」から。間違えないようにあらかじめGoogle Mapに登録しておくのをおすすめします。


床の色分けされたラインに沿って向えば、バスターミナルまでスムーズに到着!

青い線をたどって歩いていくと、外に出ました。

どうもヴィクトリアステーションとバスターミナルは接続していないようです。道を渡ったところにヴィクトリア・コーチ・ステーションが見えます!

【引用元:貸切バスの達人「バス観光マガジン」より】

こちらがヴィクトリア・コーチ・ステーションです。

ヴィクトリア・コーチ・ステーション
ヴィクトリア・コーチ・ステーション

指定されている番号の乗り場に向かいましょう。

ストーンヘンジ・バスツアーの集合場所へ

ツアーバスの乗り場

ヴィクトリア・コーチ・ステーションには、カフェやコンビニがあります。

片道2時間の旅なので食べ物を用意

ストーンヘンジまでは片道約2時間かかるので、お腹が減ったときのために売店でサンドイッチやドリンクを購入しておくといいです。

コンビニで飲み物などを購入

食べ物もゲットしておこう

バス車内にトイレがないので出発前にトイレも済ませておきましょう。


トイレを利用するために必ず小銭を準備しておこう!

またトイレに行きたくなった場合、公共のトイレがバスターミナル内にありますが、有料なんです。

しかも小銭が必要。そしてお釣りが出てこないので、ぴったり30ペンスを握りしめておトイレまで直行してください(笑)。

【引用元:貸切バスの達人「バス観光マガジン」より】

ストーンヘンジの観光方法

ストーンヘンジの観光方法

ストーンヘンジに到着後、バスガイドさんからオーディオガイドをもらい、設定を日本語にします。観光時間は約1時間半。早速ストーンヘンジへ向かいましょう。

ストーンヘンジへの行き方は徒歩、もしくはシャトルバス

シャトルバスの乗り場
シャトルバスの乗り場

駐車場からストーンヘンジまではシャトルバスか徒歩で行くことになります。

天気さえ良ければ徒歩がおすすめ。30分程度かかりますが、英国の環境保護団体「ナショナルトラスト」が管理している、イギリスののどかな高原の中を散歩することができます。

ふたり手をつないで歩くだけでまるで映画の世界にいるかのよう!バスの場合は約10分かかります。観光シーズンの時期は並ぶ可能性があるので要注意です。

私は徒歩を選びました。この日は天気が良くて気持ちよかったです!

徒歩がおすすめです

牛が草を食むのどかな光景に癒されます。

牛が草を食むのどかな光景

30分ほど歩くとついにストーンヘンジに到着します!

ストーンヘンジがある場所に到着

ここからはストーンヘンジの周りをオーディオガイドを利用しながら歩きます。

現在、石の中心へは近くことができませんが、夏至、冬至の日など特別な日には観光客の方もサークル内に入り、石を触ることができるそうです。

古代の時計針ヒールストーンに注目!

古代の時計針ヒールストーン

時計の針の役目を果たしていたとされるこのヒールストーン。夏至の日にはこのヒールストーンから太陽がのぼり、その影がストーンサークルの中心に達します。とっても神秘的でロマンティックです!

ヒールストーンの影がストーンサークルの中心に

ストーンヘンジは2種類の石が2重にサークル状に配置されています、

外側の石がマルバラーという地域から運ばれた砂岩(サルセンストーン)。内側の石はウェールズのプレセリ産地から運ばれた玄武岩(ブルーストーン)です。

このブルーストーンが古代から神秘のパワーが宿る石として知られています。観光客の方は裸足でストーンヘンジの周りを歩いたり、あぐらをかいて瞑想をしたり、ヨガをしたり、それぞれ思い思いに楽しんでいました。

この機会に目に見えないパワーを感じとりましょう!

他にもまだまだある!ストーンヘンジの見どころ

ストーンヘンジ観光は巨石を観るだけではありません。見どころをいくつかご紹介しましょう。

ネオリティック・ハウス

ネオリティック・ハウス

ストーンヘンジを建てたとされる新石器時代の家屋のレプリカが建てられています。当時の人々がどんな生活を送っていたかを見ることができます。

博物館(ビジターセンター内)

250点以上の考古学的遺物を見学可能。また360度見渡すことができるビッグ・スクリーンでストーンヘンジの歴史の辿るヴァーチャル・ツアー体験ができます。

カフェとお土産ショップ(ビジターセンター内)

カフェやお土産ショップもあり

時間が余ったならカフェで休憩をとるのもよいでしょう。

カフェにてイギリス・コンウォール地方で有名な「コーニッシュ・パイ」を発見!私も大好き。とても美味しいのでおすすめです!

大きいのでふたりでひとつ分けてもいいかもしれません。

ストーンヘンジ・ウォーター

ストーンヘンジ・ウォーターも発見しました!

Tシャツやマグネットなどストーンヘンジ土産がたくさん

こちらではストーンヘンジのTシャツやマグネット等のお土産が買うことができます。

ストーンヘンジグッズ

ストーンヘンジは日本で知名度が高いので、歴史好きの方へのお土産はストーンヘンジグッズで決まりですね!

よだれかけもある!

ストーンヘンジのよだれかけが可愛い!お友達の赤ちゃんにいかがでしょう。

シンプルでおしゃれなデザイン

世界遺産とい硬いイメージとは裏腹におしゃれなデザインのものが多かったです!

ストーンヘンジのレゴブロック

ストーンヘンジのレゴ・ブロックも!お子さんが喜びそうな商品です。

最後はオーディオガイドを返却してバスに戻ります。

オーディオガイド返却場所

こちらの駐車場内の建物で返却できます。

帰りはそのままヴィクトリア・ステーションで下車。

英国政府観光庁のサイトでは、ウィンザー城や、ロマンバスで有名なバース市内を巡るツアー、大学の街オックスフォード観光が含まれたツアーも予約可能です。お時間がある方はそちらを利用してもいいかもしれません。

英国政府観光庁主催のプレミアツアー

私も実際に参加してみてすごく便利でお得感があるツアーだと思いました。ハネムーンの現地ツアーとしてもおすすめです。

英国政府観光庁「ロンドンから行くストーンヘンジ・バスツアー」体験まとめ

ストーンヘンジツアーはハネムーンにおすすめまとめ

  • ●ハネムーンでイギリスに行くならぜひストーンヘンジを見ておこう
  • ●ロンドンから直行の日帰りバスツアーなら海外初心者でも簡単に参加できる
  • ●英国政府観光庁のサイトからだと日本語で予約ができるので、英語が苦手な方でも自分で予約OK
  • ●迷いやすいのであらかじめヴィクトリア・コーチ・ステーションの位置を確認しておこう
  • ●駐車場からストーンヘンジまでは、デート気分が楽しめる徒歩がおすすめ!
  • ●ストーンヘンジで目には見えないパワーを感じよう