Page Top △

新婚旅行の行き先を予算で選ぶ【ハネムーンS】

予算で選ぶ

「この予算ならどんなプランが考えられる?」「水上コテージにどうしても泊まりたいけど…」そんなときはハネムーンSにお任せ!
プロのアイデアでもっと安く行く方法や、同じ予算で豪華な旅を楽しむ方法も伝授してくれますよ!
オーダーメイドで、2人の夢を実現できる感動ハネムーンプランをまとめてGetしちゃおう!

新婚旅行の費用、みんなどのぐらい?

結婚式が決まって、新居も決まって、さて、新婚旅行はどうしよう?そんな時、いちばん気になるのはやっぱり「お金」。そこで、新婚旅行の予算をハネムーンS編集部が独自にリサーチしました!

行き先や旅行日数もさまざまですが、1人当たりだいたい30~45万円ぐらいの予算を考えているようです。

ただ、同じ行き先を選んでも過ごし方や滞在の仕方で費用は全然変わってきます。
「●●に行きたい」よりも、2人で「何をしたいか」がいちばん大切!

ハネムーンのプロに、「こんな新婚旅行にしたい!」という要望をどんどん伝えて、理想のプランを提案してもらうのがベストですよ!

プランをGET

人気の行き先別に費用Check!

ハワイの平均費用は?

2014年中のご依頼でもっとも行きたい新婚旅行先に選ばれた「ハワイ」。その割合は約26.4%でした。

最多は約30~50万円/1人
ハワイ1人予算平均 ハネムーンS編集部調べ

ハワイへのハネムーン、平均予算としては1人20~30万円ぐらいを考えている人が約6割でした。
「ハレクラニ宿泊」「アウラニ ディズニー・ハワイ・リゾート」「ハワイ島などの離島」などの希望がある場合は、40~50万円の予算を考えているよう。

最も多いのは4泊6日

希望旅行日数のBest3とその予算です。

  • 4泊6日 ~32万円
  • 3泊5日 ~28万円
  • 5泊7日 ~38万円

最も多いのが4泊6日、平均1人予算は約32万円でした。

2泊4日で15~25万円、という方も少なからずいましたが、せっかくのハネムーン。もっとゆっくり滞在を楽しんでもらいたいもの。予算や旅行日数が少ない場合は、遠くのハワイよりも近くのグアムで考えてもいいのでは?
現地で過ごす時間が長い方が思い出がたくさん残せますよね。

モルディブの平均費用は?

ハワイにせまる勢いで人気急上昇中の「モルディブ」。約14.7%の人が希望していました。

約30~50万円/1人が6割
モルディブ1人予算平均 ハネムーンS編集部調べ

モルディブへのハネムーンの場合、平均予算は1人30~50万円ぐらいを考えている人が多数でした。
「水上ヴィラ(コテージ)宿泊」や「ドバイ周遊」「コンラッドホテルorフォーシーズンズ希望」などの指定がある場合、60万円以上の予算を考えているようです。

最多は4泊6日

希望旅行日数のBest4とその予算です。

  • 4泊6日 ~45万円
  • 5泊7日 ~46万円
  • 3泊5日 ~35万円
  • 6泊8日 ~53万円

ハワイと同じく4泊6日が最多、平均1人予算は約45万円となりました。

中には『予算20万円以下で水上ヴィラに泊まりたい!』という要望がありましたが、ごめんなさい、これは無理です…。
水上ヴィラにどうしてもこだわるということであれば、モルディブではなくマレーシアやフィリピンなどアジアリゾートを検討してみましょう!マレーシアのパンコールラウ島なら予算の範囲内です。

ヨーロッパの平均費用は?

2014年、約23.7%と2番目に人気なのがヨーロッパ。そのうち2か国以上の周遊をしたいという人は全体の4割でした。

半数以上が約30~50万円/1人
ヨーロッパ1人予算平均 ハネムーンS編集部調

ヨーロッパへのハネムーンを希望している人の平均予算は、30~50万円(1人)ぐらいの人が約8割でした。
2か国以上周遊を希望している場合は約47万円、という結果です。

日数は8~10日間

ヨーロッパを行き先に選んでいる人の約半数以上が、8~10日間ぐらいの旅行日程で、予算とのバランスを見ながらプランを提案して欲しいと考えている様子。中には2週間といううらやましいカップルも!
反対に日数を決めている人は7日間~8日間が最も多く、土日を入れて有給がとれるギリギリの日程で…、という事情もあるようです。

1番人気はやっぱりイタリア!
ギリシャ サントリーニ島

ヨーロッパの中でもっとも行きたい国はイタリア。次いでスペイン、フランスの順(第1希望のみ集計)
ギリシャはほとんどの人がサントリーニ島を希望していたのが印象的でした。

ヨーロッパ行きたい国Ranking
プランをGET

この予算なら、どこがおススメ?

おおよその予算が決まっているなら、そこから行き先を検討してみましょう。編集部おすすめ行き先を、予算(1人)別にご紹介します!

  • ※平均的なパッケージプランを参考にしています。旅行日数や費用は目安です。出発時期やフライトにより異なります。
  • ※あくまでも行き先を考える目安とお考えください。

5万円未満

国内の近場がおススメ

国内の近場がおススメ。普段は泊まれないちょっとグレードの高い宿をオーダーしましょう。特に妊娠中などは無理をせず、1泊程度で移動距離も少なめが無難です。
先輩カップルの事例では、東京ディズニーリゾートでホテルをとり、遊び疲れたらホテルで休めるようにしておいたというのがありました。
宿泊先のランクによりますが、旅行日数は2日~3日程度になります。

5~10万円

国内一都市、アジアリゾートなど

沖縄・屋久島なら2日、北海道・九州なら2日~3日間で約6~19万円ぐらいが相場です。いずれも周遊はやめて、滞在先の都市を一か所にしぼるのをおススメします。
海外ならグアム、サイパンで3日間、プーケットやバリ島などのアジアリゾートで4日間ぐらいが目安になります。

10~15万円

国内一都市、アジアリゾートなど

沖縄なら3日~4日間、北海道なら片道カシオペアを選択して4日間というのも楽しそうです。小笠原なら往復2等室で6日間(船中泊2日間)になります。
海外ならグアム、サイパン、アメリカ本土1都市で4日~5日間、アジアリゾートなら5日~6日というところです。時期や部屋のグレードによっては、ふたりで30万円を超える場合もあるので出発日に合わせて検討しましょう。

15~20万円

アジアリゾート、ハワイ、オーストラリア

石垣島など離島なら3日~4日間になります。
海外ならアジアリゾートで6日~7日間。この予算でのんびりとした滞在を楽しみたいならおススメです。ハワイ(オアフ島滞在)、アメリカ本土なら、グランドキャニオンとラスベガス周遊で5日間、オーストラリアならジェットスター航空を利用すれば、シドニーやケアンズ5日間のツアーが組めそうです。

20~25万円

フィジー、パラオ、モルディブ、フロリダ、オーストラリア、ニュージーランド

国内ならリゾートでのんびり、数か所周遊してというプランが組めそうな予算です。
海外ならフィジーやパラオ、モルディブ、フロリダのディズニーリゾート、ドバイ、ハワイ離島で5日間、オーストラリアなら6日間、ニュージーランドなら4日~5日間ぐらいになります。
ヨーロッパならパリやロンドンなどの主要都市1か所で5日~6日がぎりぎりです。

25~30万円

ビーチリゾート、ハワイならハレクラニクラス

タヒチやニューカレドニア、カンクン、バハマなどのビーチリゾートで5日~(フライトの関係で日数は変動)。
ハワイならハレクラニクラスで5間、トルコ5日間、ヨーロッパ1都市滞在で6日間となります。

30~35万円

モルディブやタヒチで水上コテージ

モルディブやタヒチ・ボラボラ島で水上コテージ滞在であれば、6日間で60~70万円ぐらい。バハマやカンクン、ドバイなどは7日間の滞在で少しゆったり過ごせそう。

35~40万円

カナダオーロラ観測、ヨーロッパ2カ国

カナダでオーロラ観測で7日間、ヨーロッパで2国周遊6日~7日間ぐらいであればこの予算。
モーリシャスやセイシェルなどはドバイを経由して8日間の滞在が可能です。

40~45万円

アメリカやカナダ、トルコの2都市周遊、ハミルトン島

アメリカやカナダ、トルコで2都市周遊、オーストラリアのハミルトン島滞在、モルディブで7~9日間滞在が可能な値段。
ヨーロッパ周遊にゆとりが出せる予算です。

45~50万円

アフリカ方面最低予算、マチュピチュ

アフリカ方面を希望する場合は、旅行日数が8日間以上となるため、最低でもこの予算が必要です。
また、マチュピチュなどの中南米も移動の関係で、最低でも7日間~となるので、旅行費用は80~100万円ぐらいは見た方がよさそうです。

50万円~

モルディブ・ドバイなど2か国滞在、イースター島、エーゲ海クルーズ

アフリカ方面やモルディブ・ドバイなどの2か国滞在、イースター島などの中南米へ10日間ぐらいの日程ででかける予算になります。
ヨーロッパの都市滞在とエーゲ海クルーズを組み合わせるというのもいいですね。

プランをGET

予算の立て方のコツ

旅行代金は主に交通費と宿泊費、食費に分けられます。このうち、どこにこだわるかによって、行き先やプラン内容が変わってきます。

例えば、タヒチのボラボラ島やモルディブなど、離島にあるリゾートの場合、気軽に街まででかけるというわけにはいきません。この場合は食事はすべてホテルやリゾートでとらなければならないため、割高になるケースが多くなります。食費までを含めたオールインクルージブプランの方が、お財布を気にせずリラックスできるので、そういうプランも検討しましょう。

ローマやパリなど、有数の観光地であれば、リーズナブルにおいしい食事ができるところを予め調べておき、宿泊費にお金をかけるという手もあります。また、妊娠中なのでゆったり移動したい、ということであれば、ビジネスクラスなどにアップグレードし、比較的近いグアムやサイパンなどで、のんびり過ごすのもおススメ。ホテルもオーシャンビューなど眺めのいい部屋を選べば、贅沢な気分を満喫できます。

世界のセレブが訪れる有数のリゾート、例えば、カンクン(メキシコ)やバハマのピンクサンドビーチなどは、物価が高いため、予算に余裕がないと楽しく過ごせないことも…。

こういった情報を含め、旅のプロに相談すれば全て安心。自分たちがこだわりたいポイント、譲れない条件などを伝えて、ベストな予算のかけ方をアドバイスしてもらいましょう。

席のアップグレードについて

新幹線でいえば「グリーン車」、飛行機でいえば「ビジネスクラスやファーストクラス」、普段よりもちょっと贅沢な気分で移動できます。パッケージツアーで申し込んでも、たいていの場合、オプションとしてこの座席へのアップグレードが可能な場合が多いかと思います。

新婚旅行で多いのは、ビジネスクラスCクラス)へのアップグレード。ファーストとエコノミーの中間クラスで、価格はエコノミーの約3~5倍程度(移動距離や路線により異なる)になっています。座席も広く、主な航空会社は空港と都市部を無料で送迎するサービスもあり、大変お得です。手荷物の重量制限も緩和されるので、海外ウェディングなどで荷物が多い場合はおススメ!

マイレージもたまっているし、ここは思い切ってファーストクラスに、という場合。価格はビジネスクラスの約3~5倍程度となっています。ただし、路線によっては、ファーストクラスの設定がない場合もありますので、予め確認しましょう。

最近注目されているのは、プレミアムエコノミー。クラスはエコノミーですが、エコノミーとビジネスの中間ぐらいのグレード。片道あたり7,000~5万円程度の差額で、ゆったりしたシートで移動できる第4のクラスといわれています。ただし、満席や機材変更により、まれにエコノミーシートにダウングレードになる可能性はゼロではありません。この場合は、返金無しになるので注意が必要。新婚旅行など特別な場合は、こちらのシートよりも、ビジネスクラスを予約した方が無難かもしれません。

注意が必要なのは、パッケージツアーの場合、予め座席が予約できないため、「並び席」がとれない場合もあるということ。航空会社によっては、別料金で「並び席」を保証している場合もあります。こちらもハネムーンコンシェルジュへ予め相談しておきましょう。

宿泊先のアップグレードについて

新婚旅行なら、できればスイートルームに泊まってみたいですよね。スイートルームは直訳すると「続き部屋」の意味で、ベッドルーム以外に独立したリビングルームが付属しているお部屋のことをいいます。国内でも高級旅館などで「離れ」がある場合、この「離れ」がスイートルームに該当するといってもいいでしょう。食事もお風呂も独立しているので、ゆったりとした時間が過ごせます。

一般客室(スタンダードルーム)よりも面積が広く、大きめのベッドやバスルームとトイレなどが仕切られているようなお部屋だと、エグゼクティブルームやデラックスルーム、スーペリアルームなどと呼ばれる場合もあります。

また、ビーチリゾートなどは、海が見えるか見えないかによってもランクが変わります。ハワイなどでは、マウンテンビューよりも、オーシャンビュー(海が見える)、さらにオーシャンフロント(海が真正面に見える)と価格が違います。

時差が大きい場合、チェックインまでの時間を観光などでつぶさなければならないのは疲れてしまいますよね。この場合は追加料金で、アーリーチェックインをお願いすることもできます。ツアーによっては、ウエルカムフルーツやシャンパン、チョコレートなどをオプションでつけることができるので、パートナーに内緒でこっそり準備するのも嬉しいサプライズですね。

オールインクルーシブについて

オールインクルーシブとは、“all-inclusive”(すべてが含まれる)という意味。カリブ海、中でもジャマイカが発祥とされるリゾートホテルの料金システムで、近年では世界各地に広がりつつあります。

宿泊料金に食事・飲み物代からアクティビティへの参加費まで、リゾート内でかかるあらゆる料金が含まれています。このシステムを採用しているリゾートととして有名なのが「クラブメッド」です。

オールインクルーシブのメリットは、お財布を気にせず、滞在できること。特にモルディブやタヒチのボラボラ島など、リゾート内で全てを済ませなければならない場合、予算を気にしながら注文するのって、ちょっとさびしいですよね。島の場合、気軽に水が飲めないので、すべてミネラルウォーターを購入しなければなりません。その点、オールインクルーシブなら気にせず気軽に注文できます。

リゾートによっては、宿泊料金と食事・飲み物代だけというところがあったり、ダイビングやスパ、オプショナルツアー、一部の高級なお酒や料理は別料金ということもあるので、含むものと含まないものを事前に翌確認してから契約しましょう。

また、豪華客船(クルーズ)での旅行も、オールインクルーシブといえるでしょう。船での移動費、宿泊、食事、船内のアクティビティや施設利用費全てが乗船代に含まれています(一部の施設や飲食は有料)。例えば、小笠原諸島などはフェリーで旅するよりも、こういった客船で遊びにいけば、快適に移動できますし、移動中も楽しむことが可能です。

1泊あたりにかかる全ての費用と比較すると、オールインクルーシブの方がお得、という場合もありますので、こちらもぜひ、相談してみましょう。

プランをGET
ハネムーンSって?

ハネムーンSは、「旅行会社の中でも新婚旅行に詳しい担当者」=【ハネムーンコンシェルジュ】に、無料で旅行プランを作ってもらえるサイトです。
お二人の希望をかんたんに入力していただくだけで、複数のコンシェルジュにプランを作成してもらえます。ご利用はもちろん無料!

  • こだわり条件
    ばっちり対応
  • 比較
    ラクラク♪
  • 時間もお金も
    セツヤク!?
参加旅行会社
使い方は3Step
  1. STEP 1
    STEP 1
    できるだけ、希望を聞かせてね。かかる時間は3~5分くらい。
  2. STEP 2
    STEP 2
    予算と希望をもとに、おおまかなプランの連絡がきます。
  3. STEP 3
    STEP 3
    担当者とコミュニケーションしながら、プランをプロデュースしてもらってね。
「ハネムーンS」で感動がいっぱいの旅をしよう!
プランをGET