新婚旅行が初めての海外

普段あまり旅行をしない。行くのは国内ばかり・・・。そんな方でも、ハネムーンだから特別な旅にしたいと考えている方は多いはず。

でも、海外旅行をしたことがないという場合は、行き先選びに迷いますよね。

さらに英語はちょっと苦手。せっかくの旅行なのに、日本語が通じないのは緊張すると考えている方に、耳よりな情報が飛び込んできました。

前編ではハネムーンはビーチリゾートに行きたいと考えている方向けに、初めての海外でも安心して楽しめる行き先選びを伝授。

後編では、ビーチリゾート以外でおすすめの行き先をご紹介していきます。

ハネムーンが初めての海外の場合、おすすめのビーチリゾート3選

初めての海外でハネムーンにおすすめのビーチリゾート

初めての海外旅行で三大お悩みポイントは「ことば」「迷子」「食事」なのでは?特に直行便が飛んでいない国だと、乗換えが心配という声を聴きます。

そこで、日本から直行便が飛んでいて、英語が苦手な方でもリラックスして過ごせるビーチリゾートを厳選してみました。

海外初心者おすすめのビーチリゾート

ハワイ
タヒチ
ロサンゼルス

日本人観光客が多い王道のビーチリゾート「ハワイ」

海外初心者におすすめのビーチリゾート・ハワイ

カラッとした貿易風が吹くハワイは、南国リゾートの中でも抜けるような青空と豊かな大自然、そして美しい海が広がるビーチリゾートの代表格。一度訪れるとその魅力に取りつかれ、何度もリピートしてしまうともいわれています。

日系移民が多く、日本語が通じやすいイメージがありますね。最近ではホノルル空港があるオアフ島に「ワイキキ横丁」がオープンし、日本食を気軽に食べられるようになりました。

そういう意味で初めての海外旅行行き先としては「優等生」といえるかもしれません。

ハワイ島にも直行便も就航

また、キラウエア火山などスケールの大きな大自然を体感できる人気の離島、ハワイ島(ビッグアイランド)へも直行便が就航!どちらかが2度目、3度目のハワイなら、こちらも検討中というカップルも多いかもしれません。

ハワイ・ワイキキのあるオアフ島へのハネムーンについてはこちら≫
ハワイ島へのハネムーンについてはこちら≫





<ハワイハネムーンのメリット>

  • 1.オアフ島、ハワイ島へは直行便がある
  • 2.日本語サービスのあるホテルがある
  • 3.オアフ島は日本食が充実

<ハワイハネムーンのデメリット>

  • 1.物価が高いので現地での出費が大きい
  • 2.置き引き、盗難など治安には注意が必要
  • 3.観光客が多く人気のスポットは混雑
  • 4.オアフ島のワイキキ周辺以外は日本語がほぼ通じないので注意



ハネムーンコンシェルジュに相談

ハワイハネムーンの旅行日数・予算はどのぐらい?

ハワイハネムーンのプラン・予算

日本からハワイまでは直行便で約7時間、帰りは自転と向かい風の影響で8時間から10時間ぐらいかかります。

普段の旅行なら最低5日間、ゆっくり過ごしたいハネムーンなら最低でも7日間は欲しいところです。

インターネットなどで紹介されているハワイ7日間パッケージツアーの平均的な費用は15万~20万ぐらい。ただ、せっかく新婚旅行でハワイに泊まるなら「海が見える部屋がいい」「ワイキキビーチや繁華街に近いところがいい」ですよね。

さらに、日本語サービスが充実している「シェラトン・ワイキキ・リゾート」などを希望する場合は、最低でも20万から、お部屋のカテゴリーにこだわるなら30万ぐらいをみておきましょう。

日本人ハネムーナーに大人気のハレクラニなら最低でも40万から、アウラニ・ディズニー・リゾート&スパ コオリナ2泊とワイキキ滞在3泊を組み合わせて最低でも30万ぐらいです。予算が厳しい場合は、ハレクラニやアウナラニに1~2泊、残りの1~2泊ばランクを落として・・・もありですよ。

ビジネスクラスへのアップグレード等で値段は変わってきます。また、現地でのオプショナルツアーなどもありますので、詳しくはハネムーンコンシェルジュに相談し、プランと見積もりを取り寄せましょう。

ハワイハネムーン予算の目安はこちらも参考に≫

ハネムーンコンシェルジュに相談

ボラボラ島にこだわらなければ意外に安いビーチリゾート「タヒチ」

初めての海外ハネムーンにおすすめの行き先タヒチ

フレンチスタイルのビーチリゾートとして、欧米からは絶大の人気を集めるタヒチ。南太平洋の楽園として人気を誇ります。思い切って1度行ってみたら、何度でも行きたくなると評判です。

タヒチときくと日本人はつい「ボラボラ島=水上コテージ」を思い浮かべますが、実はボラボラ島以外にも魅力的な島がたくさんあります。たとえば、玄関口となるタヒチ島にも水上コテージがありますし、モーレア島、ランギロア島にも。

また、ボラボラ島や水上コテージにこだわらなければ、もっと滞在費を抑えられるのでハワイよりもリーズナブルな値段で、しかもオーシャンビューのお部屋に宿泊できるかもしれませんよ!

タヒチまでは直行便が飛んでいるので、乗換でまごつくことはありません。また、日本語サービスを受けられるリゾートもありますし、何よりもフレンドリーで温かいタヒチの人たちに魅了されるという声多数!

週2便のフライトで旅行日数に制約がある、フライトキャンセルが心配という声がありますが、年間を通じて飛ばなかったことは1~2回程度。

プレミアムエコノミークラス導入
プレミアムエコノミークラス(C)Air Tahiti Nui

9月からエアタヒチヌイでは飛行機の機材変更で、ビジネスクラス・プレミアムエコノミークラスが導入されます。リーズナブルにかつ、ゆったりと空の旅を楽しめますよ。

モーレア島はエビの養殖で有名
モーレアシュリンプは絶品(C)Air Tahiti Nui

シーフードを使ったお料理は日本人の口に合いますし、フレンチスタイルのスイーツも充実していますので、グルメも楽しめます。

ボラボラ島へのハネムーンについてはこちら≫





<タヒチハネムーンのメリット>

  • 1.直行便がある
  • 2.日本語サービスのあるホテルがある
  • 3.アジアからの観光客が少なく、静かにのんびりと過ごせる
  • 4.治安が良い
  • 5.1年中ベストシーズン(いついっても楽しめる)

<タヒチハネムーンのデメリット>

  • 1.ボラボラ島は宿泊費、物価が高く、予約が取りにくい
  • 2.フライトの関係で最低でも6日間と旅行日程が決まってしまう
  • 3.ハワイのような巨大なショッピングセンターやDFS(免税店)はない



ハネムーンコンシェルジュに相談

タヒチハネムーンの旅行日数・予算はどのぐらい?

タヒチ・ティケハウ島
ティケハウ島

日本からタヒチまでは直行便で約11時間、帰りは約12時間になります。

成田空港からエアタヒチヌイ・JALが直行便を就航。週2便のため、旅行日数は最低で6日間です。ゆっくり過ごしたいハネムーンなら最低でも8日間は欲しいところです。

インターネットなどで紹介されているタヒチ8日間パッケージツアーの平均的な費用は20万~30万ぐらい。ボラボラ島なら50万~60万ぐらいです。せっかく新婚旅行でタヒチに行くなら「水上コテージがいい」ですよね。

日本語サービスが充実したホテル希望なら、インターコンチネンタル系のリゾートがおすすめ。タヒチ島にも水上コテージがあり、モーレア島を望む素晴らしいロケーションが人気です。

モーレア島へも日帰りで遊びに行けるのでおすすめです。水上コテージ宿泊なら予算は40万ぐらいをみておきましょう。

モーレア島
モーレア島

欧米人に人気の高いガーデンビューやB&Bスタイルの宿を組み合わせて利用すれば、もっと予算を抑えることも可能。また、ビジネスクラスへのアップグレード等で値段は変わってきます。

詳しくはハネムーンコンシェルジュに相談し、プランと見積もりを取り寄せましょう。

タヒチハネムーン予算の目安はこちらも参考に≫

ハネムーンコンシェルジュに相談

ディズニーやUSJも楽しめるビーチリゾート「ロサンゼルス」

初めての海外でハネムーンにおすすめのロサンゼルス

真っ青な空とどこまでも続く美しいビーチ。元祖ディズニー・パーク、ショービジネスの中心地、ハリウッドなど、テーマパークも充実しているアメリカ・ロサンゼルス。

ビーチリゾートだけではなく、有名なテーマパークやショッピングなど、多彩なプランを楽しみたいなら断然ロサンゼルスですね。

東京からの直行便は1日9便、大阪からも1便飛んでいます。フライト時間も約11時間程度。日本語サービスのあるホテルや現地ツアーもありますし、英語が苦手な方でもあまり苦労はいりません。

グランドキャニオンへ周遊

人気が高い絶景スポット、グランドキャニオンやラスベガスへの周遊も可能。ハワイと組み合わせて贅沢に楽しむのもおすすめです。

アメリカへのハネムーンについてはこちら≫





<ロサンゼルスハネムーンのメリット>

  • 1.直行便がある
  • 2.日本語サービスのあるホテルがある
  • 3.ディズニーやUSJなどテーマパークが充実
  • 4.日本食も充実
  • 5.1年中ベストシーズン(いついっても楽しめる)

<ロサンゼルスハネムーンのデメリット>

  • 1.治安に注意が必要な場所がある
  • 2.道路渋滞が多く、移動に時間がかかる場合がある
  • 3.観光スポットはさほど多くはない



ハネムーンコンシェルジュに相談

ロサンゼルスハネムーンの旅行日数・予算はどのぐらい?

ハリウッドの街並み

日本からロサンゼルスまでは直行便で約11時間、帰りは約12時間になります。東京からなら1日に何便も直行便が飛んでいるので、旅行日数は5日間からでも可能です。

ただ、ゆっくりしたい&テーマパークで遊びたいという欲張りなハネムーンなら最低でも7日間、他の都市との周遊を考えるなら9日間は欲しいところです。

インターネットなどで紹介されているロサンゼルス7日間パッケージツアーの平均的な費用は20万~30万ぐらいです。

日本語が通じる「ミヤコホテル」は有名ですが、少しランクの高いホテルを選べば、安心して過ごすことができます。ディズニー公式ホテルを利用する手もありますね。

ホテルにスタッフが常駐していなくても、日本語で対応してもらえるサービスもあるので、詳しくはハネムーンコンシェルジュに相談し、プランと見積もりを取り寄せましょう。

ハネムーンコンシェルジュに相談

初めての海外でも、心配なくカリブ海に行く方法

カリブ海のビーチリゾートは憧れ

最近人気急上昇中の行き先なのが、メキシコ・カンクン。ブルーが美しいグラデーションを描く海と真っ白な砂浜のコントラスト、一度見たら忘れられません。

さらにカンクンへの玄関口でもあるアメリカ・フロリダ州のオーランドには、巨大な「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」があります。本場のディズニーを体験したいというカップルには、魅力的ですよね。

ただ、必ずアメリカ国内で乗り継ぎが必要で、言葉の不安があるという方もいらっしゃるようです。

そこでおすすめしたいのがディズニー・クルーズ!

「動くディズニー・テーマパーク」ともいわれ、ディズニーのプライベートアイランド「キャスタウェイ・ケイ」に上陸できるのは、ディズニー・クルーズだけです。

日本語サービスが充実しており、初めての海外・初めてのクルーズでも安心して楽しめます。特に添乗員同行ツアーを選べば、乗り継ぎはもちろん、船内でもいろいろサポートが受けられるのでまったく心配無用です。

もちろん、オーランドで「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」で遊べるプランが充実しているので、まさにディズニー三昧ですね。

ディズニー・クルーズラインのおすすめプラン特集≫
ディズニー・クルーズ説明会レポート≫

ハネムーンコンシェルジュに相談

新婚旅行が初めての海外!英語が苦手な場合の行き先選びヒントまとめ

初めてでも楽しめる海外新婚旅行

新婚旅行はビーチリゾートに行きたい!でも、英語が苦手だから海外は心配という方向けに、おすすめのビーチリゾートをご紹介しました。

ことばや食事、乗り継ぎの問題で「沖縄でいいや」と思っている方も多いかもしれません。でも、直行便を利用すれば以外に身近で行きやすい海外。

日本語サービスが充実しているところ、親日家が多いところ、和食や日本人の口に合う食事が食べられるところなどを選べば、そんなに心配したり、不安に思う必要はありません。

せっかくのハネムーンですから、妥協なく特別な滞在を楽しめるプランを選んでほしいもの。ぜひ、こちらの記事を参考に魅力的なビーチリゾート滞在を楽しんでみては?

後編ではビーチリゾート以外でおすすめの行き先、主にヨーロッパの国々をご紹介します。

ハネムーンコンシェルジュに相談