ハネムーン人気ランキング2018

最近のハネムーン、昔とは違って、結婚式のすぐ後に行くという人が減少傾向にあります。

新生活をスタートさせ、二人の生活リズムが整ってきてからゆっくりでかける人。あるいは、結婚式前から同棲を初めて、挙式前にでかけるという人も同じく増えているとか。

既成概念にとらわれず、柔軟に、より二人の思いが実現できるハネムーンを目指す人が増えているということですね!

 

過去6年間、最も人気を集めた新婚旅行の行き先は?

【ハネムーンS】を通じて、旅行会社にオリジナルプランを相談したカップルの要望を編集部が調査。

過去6年間で最も人気を集めたハネムーン行き先トップ10は以下の通りです。

第1位 ハワイ
第2位 モルディブ
第3位 ヨーロッパ周遊
第4位 イタリア
第5位 オーストラリア
第6位 タヒチ
第7位 ギリシャ
第8位 沖縄
第9位 スペイン
第10位 アメリカ

昨年と比較したところ、ハワイ・モルディブのトップ2は順位変わらず。不動の人気を誇ります。

ただし、ハワイを選ぶ人は昨年対比で約2割減と人気に陰りが・・・。その反面、モルディブは約0.1割増とわずかながら希望者を増やしています。

昨年に比べ、ヨーロッパハネムーン希望者が増え、4位のイタリアを含め、2か国以上を回りたいというリクエストが増えています。テロの不安が和らいだためでしょうか。

過去5年間のトップ10に比べ、新たにランク入りしたのがギリシャ、アメリカ

ギリシャはヨーロッパ周遊先にもよく選ばれていて、地中海の美しい眺めやロマンティックなシチュエーションが、ハネムーン人気を押し上げています。

アメリカは大自然の雄大な景色が楽しめるグランドキャニオンやセドナなどのパワースポット、華やかなラスベガス、ディズニーリゾートなど、注目を集めるポイントがたくさん。

ロサンゼルスのビーチリゾートやアクティビティ、街歩きなどさまざまな要望に応えてくれるところが人気のポイントなのかもしれません。

▼オリジナルハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


新婚旅行人気の行き先トップ10、みんなが惹かれる人気のポイントは?

第1位ハワイハネムーンで何がしたい?

ハワイハネムーンは不動の人気

直近1年間でハワイハネムーンを第一希望にしているカップルの意見を分析すると、ハワイでやりたいことのトップ3は次の3つ。

(1)ハワイ島に行きたい・キラウエア火山が見たい

(2)ワイキキビーチ周辺でゆっくり

(3)フォトウエディング希望

直行便が増えて身近になったハワイ島。オアフ島についで行きたいハワイの島です。

つい先日、キラウエア火山の噴火でハワイ行きを心配する声も上がっていますが、影響を受けているのはごくわずか

ハワイ州観光局からの情報(2018年7月現在)によると、ハワイ火山国立公園は閉鎖されていますが、それ以外は問題なし。安心しておでかけくださいとのことです。

オアフ島滞在希望者のほとんどが、ワイキキ周辺でゆっくり過ごしたいと希望。基本はビーチでのんびり過ごし、時々観光やマリンスポーツ、ショッピングを楽しむ派が主流です。

人気のオプショナルツアー第1位は天国の海「サンドバー」ツアー。2位は「ダイヤモンドヘッド登山」、3位は「モアナルナガーデン(日立の木)」でした。

そして要望の3つ目はきれいなビーチでフォトウエディング!

アラモアナ・ビーチで撮影
アラモアナ・ビーチで撮影

日本では撮影できない特別なシチュエーションで、いつまでも色褪せないハワイでのハネムーンの思い出として残せるのが人気のポイントです。

泊りたいホテルとして指名を集めていたのはやはりハレクラニ。天国の館といわれる最高のホスピタリティは、ハネムーナーの憧れのようです。

次いで指名がかかっていたのはアウラニ・ディズニー・リゾート。ファンにとってはハワイでも、ティズニーの世界に浸りたい!ということなのでしょうね。

▼ハワイハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


ハワイハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>
・ホノルル(オアフ島)新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>>
・ハワイ島(離島)新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

第2位モルディブハネムーンで何がしたい?

モルディブといえば水上コテージ

続いて昨年よりも人気がアップしているモルディブへのハネムーン。

ハワイに比べ、グンと予算アップするものの、やはり、ハネムーナーにとっては憧れのビーチリゾートといえそうです。

(1)水上コテージ(バンガロー)に泊まりたい!
(2)マリンスポーツ満喫
(3)他国と周遊したい!

モルディブハネムーンの王道といえば、水上コテージに泊って、2人だけのロマンティックディナー!日本やハワイでは味わえないモルディブならではの魅力といえそうです。

宿泊先のホテルは「コンスタンス ハラヴェリ」や「コンラッド モルディブ」指定というカップルも数多くいらっしゃいました。

水上コテージから直接海へエントリーできるテラスにハシゴ付きがいい。シュノーケルを楽しめるハウスリーフがいい。プライベートプール付きがいいなど、夢いっぱいの希望が届いています。

また、直行便が飛んでいないモルディブならではの要望として「他国との周遊プラン」。最も人気の周遊先はドバイです。

ドバイは人気の周遊先
ドバイは人気の周遊先

次いで人気なのがシンガポールで、「マリーナベイサンズ」宿泊指名という人が目立ちました。

もう一つ、モルディブならではの要望としては「オールインクルーシブ」希望。1島1リゾートという特殊性から、気軽にホテルの外で食事はできません。費用を気にせず、食事が楽しめるオールインクルーシブはありがたいプランです。

また、美味しい食事が楽しめるところというリクエストもありました。

そしてハワイ同様、フォトウエディングという要望も少なくありません。費用は少しかかってしまいますが、一生に一度の思い出。皆さんも思い切ってプランに盛り込んではいかがでしょうか?

▼モルディブハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


モルディブハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>
ドバイ新婚旅行の予算・日数・モデルプランはこちら>>

第3位ヨーロッパ周遊ハネムーンでどの国に行きたい?何がしたい?

ヨーロッパを2か国以上を周遊したいというカップルに人気の国は、イタリア・スペイン・フランス・ドイツ・ギリシャがトップ5!この顔ぶれは毎年ほとんど変わっていません。

ヨーロッパで行きたい国、第1希望にあげている国もギリシャ以外は同じ顔ぶれ。ギリシャの代わりにランクインしているのが北欧。こちらは、フィンランドを拠点に、スウェーデン、ノルウェー、デンマーク周遊を希望したり、イタリアやスペインを周遊という声が目立ちました。

ここでは人気の行き先トップ10に入っていない国についてご紹介していきましょう。

フランスハネムーンでは何がしたい?

フランスハネムーンのおすすめポイント

単独で行きたい国としては順位低めのフランス。でも、他国との周遊としては高い人気を誇ります。

フランスでやりたいことのトップ3は以下。

(1)モンサンミシェルに行きたい!
(2)パリ観光を楽しみたい
(3)南フランスに行ってみたい

やはり、世界遺産である「西洋の驚異」と称されるモンサンミシェルを見ずしてフランスから帰れません。

世界遺産のモンサンミシェル

モンサンミシェルのあるノルマンディー地方は、中世の面影を色濃く残し、イギリス文化と混ざり合う独特の美しさがあります。

また、世界の美食やファッション、芸術作品が集まるパリでロマンティックに過ごす。

世界有数のビーチリゾート「コートダジュール」や「エズ村(鷲の巣村)」など、美しい村がある南フランスでのんびりしたい。

そんな要望が数多く寄せられていました。

フランスハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>

モンサンミシェル新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

パリ新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

南フランス新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

▼ヨーロッパ周遊ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

ドイツハネムーンでは何がしたい?

ノイシュバンシュタイン城
ノイシュバンシュタイ城

ドイツも周遊国として人気が高まっている行き先のひとつです。ドイツハネムーンで希望の多いのは以下の3つ。

(1)ノイシュバンシュタイン城やロマンティック街道に行きたい!
(2)ケルン大聖堂が見たい
(3)ミュンヘンでビール

バイエルンの王であるルートヴィッヒ2世が築城したノイシュバンシュタイン城といえば、ディズニーランドのシンデレラ城のモデルとして世界的に有名。

深い緑に囲まれ、壮麗な姿を見せる城を一目見たいと大勢の観光客が集まってきます。

ルートヴィッヒ2世の父親、マクシミリアン2世が所有していたホーエンシュヴァンガウ城は、古城ホテルとして宿泊でき、ここから見るノイシュバンシュタイン城はまた格別だそう。

ドイツでも人気の「ロマンティック街道」は、ミュンヘンを基点にローテンブルクやノイシュバンシュタイン城を巡るオプショナルツアーは鉄板!

かわいい街並みのローテンブルグ

秋にオクトーバーフェストが行われるミュンヘンで、おいしいビールを飲みたいという要望もたくさんありました。

そして世界遺産の「ケルン大聖堂」。ゴシック様式の建築物としては最大級の大きさで、美しく繊細なステンドグラスや彫刻、絵画など、美術品としても一級品です。

愛の南京錠でびっしりと埋め尽くされたホーエンツォレルン橋やピカソ作品が多く所蔵されているルートヴィヒ美術館、チョコレート博物館など、見所いっぱいのケルンの町もハネムーンにおすすめですよ。

ドイツハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>

▼ヨーロッパ周遊ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

北欧ハネムーンでは何がしたい?

北欧といえばフィンランド、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、そして、ちょっとマイナーではありますがアイスランドもあります。

森と湖の国「フィンランド」
森と湖の国「フィンランド」

フィンランドは映画「かもめ食堂」で一躍有名になり、日本からの直行便がヘルシンキまで飛んでいることから北欧で一番人気の国になっています。

(1)オーロラが見たい
(2)アイスホテルに泊まってみたい
(3)北欧デザインのお店やカフェ巡りがしたい

北欧ハネムーンで一番人気はオーロラツアー。フィンランドならロヴァニエミ出発の日本語ガイド付きハンティングツアーが12月からスタートします。

ラップランド地方で観られるオーロラ

ノルウェーなら日本からもアクセスしやすいトロムソ。北のパリともいわれる北極圏の町で、首都であるオスロから飛行機で約2時間ぐらいで移動できます。

スウェーデンならキルナ、ユッカスヤルヴィ、アビスコで観測可能。

特にユッカスヤルヴィは世界初の氷と雪でできたアイスホテルで有名になりました。ストックホルムから約1時間35分でキルナ空港へ。ユッカスヤルヴィへ約15分程度でアクセスできます。

スウェーデンのアイスホテル
スウェーデンのアイスホテル

アイスランドは、オーロラベルトにすっぽり入っているので、首都レイキャビクからも十分観察することができます。

火山の国なので温泉が有名。おしゃれなカフェやアートもたくさん楽しめ、大自然の驚異に触れる旅ができます。

アイスランドの温泉
アイスランドの温泉(スパ)

デンマークは残念ながら北極圏ではないため、オーロラを見ることはできません。でも北欧雑貨や建築物、グルメなど見どころがいっぱい。

デンマーク・コペンハーゲン
デンマーク・コペンハーゲン

物価は高めで旅費は少々お高くなりますが、ハネムーンでぜひ訪れてほしい国ばかり。ぜひ、北欧周遊ハネムーンをお楽しみください。

▼北欧周遊ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談



フィンランド(北欧)新婚旅行の予算・日数・モデルプラン>>

クロアチアハネムーンでは何がしたい?

クロアチア

クロアチアはイタリアとアドリア海をはさんで向かい合う位置にある東欧の国。

1991年に旧ユーゴスラヴィアから独立し、最近では日本からも観光客がたくさん訪れるようになりました。

ジブリの映画「魔女の宅急便」で描かれた街並みのモデルとされるドブロブニクは、地中海交易で栄えた街。

16世紀に築かれた巨大な城壁の上からは、美しいアドリア海とオレンジ色の街並みが一望でき、おすすめの観光スポットになっています。

ドブロブニクの街並み
ドブロブニクの街並み

クロアチアで行きたい場所ベスト3は以下の通り。

(1)魔女の宅急便の舞台「ドブロブニク」を観光
(2)ハートの島が見たい
(3)プリトヴィツェ湖群国立公園に行きたい

ドブロブニクでは、ゴシック様式やルネッサンス、バロック様式などさまざまな国の文化や芸術が混ざり合う美しい建物をたっぷり楽しみましょう。

ガレシュニャク島
きれいなハート型を描くガレシュニャク島

くっきりとしたハート型の島「ガレシュニャク島」はヘリコプター遊覧で観ることができます。個人所有の島なので、人は住んでいません。アドリア海のブルーに浮かぶロマンティックな景観を2人でぜひ楽しんで!

プリトヴィツェ湖群国立公園
プリトヴィツェ湖群国立公園

そして「プリトヴィツェ湖群国立公園」は、高低差のある大小16の湖と92の滝がある公園です。

ボスニア・ヘルツェゴビナ国境近くにあり、ザグレブから日帰りも可能。世界遺産に登録され、野生動物が数多く生息する大変美しいスポットです。

クロアチアは人気のイタリアからの周遊も難しくないので、オリジナルプランをお願いする際に、ぜひリクエストしてみましょう。

▼クロアチアハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


イギリスハネムーンでは何がしたい?

つい先日、ヘンリー王子とアメリカの女優メーガン・マークルの結婚式に沸いたイギリス。ビアトリクス・ポターの名作「ピーター・ラビット」の実写版映画も封切られ、話題になっていますね。

ウィンザー城
ヘンリー王子の結婚式が行われたウインザー城

ピーター・ラビットの舞台となったのが、イギリス・カンブリア州の湖水地方。作者であるポターが暮らしたニア・ソーリー村は、絵本の世界そのものです。

ニア・ソーリー村
ピーター・ラビットの故郷「ニア・ソーリー村」

イギリスで人気のプランは以下の3つ。

(1)コッツウォルズ(湖水)地方に行ってみたい
(2)大英博物館見学
(3)プレミアリーグ・サッカー観戦

コッツウォルズ地方はロンドンから少し離れますが、絵本の中の世界が広がる美しい観光地。

英国で最も美しい村といわれるバイブリーや「コッツウォルズのベニス」と称えられるボートン・オン・ザ・ウォーター、はちみつ色のレンガで彩られたチッピング・カムデンなど、見ごたえがあります。

コッツウォルズ「バイブリー」
コッツウォルズ地方の「バイブリー」

そしてロンドン観光の目玉といえばやっぱり大英博物館!

大英博物館
大英博物館

所蔵点数約800万点、ヒエログリフとデモティック(古代エジプト文字)が刻まれたロゼッタストーンやミイラなど古代エジプトの展示物や古代ギリシャ、ローマなどの美術品がずらり。1日ではとても回り切りません。しかも入館料は無料(一部有料もあり)です。

本場のアフタヌーンティーを楽しめるレストランもあり。ロンドンでハリー・ポッターゆかりの場所を回ったり、ビッグ・ベンやロンドン塔、バッキンガム宮殿にも足をのばしていきましょう。

イギリスといえばサッカー発祥国。プレミアリーグで活躍する日本人選手も多いことから、リクエストが増えています。

シーズンは9月から翌5月までで、試合は週末に行われています。チケットは大変入手困難ですので、簡単には取れません。各クラブのサイトをチェックして早めに手配するようにしましょう。

新婚旅行でサッカー観戦を楽しむコツ>>

イギリスはロンドン以外にも魅力的な観光スポットがあります。ドラマ「アウトランダー」の舞台になったスコットランドもその一つ。他にもネッシーで有名なネス湖や巨石群で有名なストーンヘンジなどなど。

オリジナルでお気に入りの地方を回るプランを、ハネムーンコンシェルジュに提案してもらってはいかがでしょうか。


▼イギリスハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

ヨーロッパ周遊ハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>

第4位イタリアハネムーンで何がしたい?

人気NO1都市はヴェネツィア

ヨーロッパで行きたい国No.1!常にトップをキープするイタリアは、2か国以上周遊でも必ず行きたい国として選ばれています。

そんなイタリアでやりたいことは以下の3つ。

(1)ヴェネツィアでゴンドラに乗り、ため息橋の下を通る
(2)ローマで古代遺跡や有名観光スポットを回る
(3)アマルフィとカプリ島(青の洞窟)に行く

ダントツで多かったのがヴェネツィアに行きたいという要望。ゴンドラや水上バスからの眺めはまさにロマンティックそのもの。

ため息橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると、永遠の愛が約束されるという伝説にあやかって、ハネムーンでは外せないアクティビティになっています。

そしてローマといえば、どこを掘っても遺跡にあたるといわれるくらい、たくさんの古代ローマ時代の遺跡があります。

ローマは街そのものが博物館

有名なコロッセオやフォロ・ロマーノ、パラティーノの丘、カラカラ浴場跡などなど。街全部が美術館といっても過言ではありません。

ローマの中にある世界最小国ヴァチカン市国では、ヴァチカン美術館やサン・ピエトロ大聖堂、システィーナ礼拝堂など、みどころがギュッと詰まっています。

映画の舞台になったスペイン階段やトレヴィの泉、真実の口など1日ではとても回り切れないほど。イタリア観光の玄関口として必ずプランに入れたい都市です。

また、映画「アマルフィ 女神の報酬」の舞台となった、南イタリアのアマルフィ海岸は世界一美しいといわれるほどの断崖絶壁が連なる景勝地。

アマルフィ海岸

急こう配の斜面に張り付くように広がる独特の町の景観で有名です。

カプリ島は、ティレニア海に浮かぶ島の一つで、ナポリからフェリーもしくは高速船で渡ります。ここで最も有名なのが「青の洞窟」。幻想的なブルーの光に満たされた洞窟内はまさに神秘的です。

晴れた日の波が静かな時にしか入れないため、ハネムーン中に行けたらラッキー(?)かも。

イタリア新婚旅行の予算・日数・モデルプランはこちら>>

ベネチア新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>

ローマ・ヴァチカン新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>

南イタリア新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>



▼イタリアハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

第5位オーストラリアハネムーン、どこが人気?

グレートバリアリーフにあるホワイトヘブンビーチ
グレートバリアリーフにあるホワイトヘブンビーチ

大自然派、動物好きのカップルに大変魅力的な国がオーストラリア。

移動時間はそれなりにかかりますが、時差が2時間程度なので、意外と楽チン。日本とは季節が反対なので、寒い時期にでかければ暖かく過ごせます。

(1)珍しい動物との触れ合いが楽しめる
(2)世界一のサンゴ礁、グレートバリアリーフ
(3)広大な大地とパワースポットに癒される

世界クラスのビーチリゾートから、エアーズロックに代表されるような荒々しい自然の驚異に触れることもでき、固有の珍しい動物もたくさんいるので、滞在中飽きるということはありません。

エアーズロックは2019年から登山禁止になりますが、リゾートでは星空の下で最高にロマンティックなディナーが楽しめるオプショナルツアー「サウンド オブ サイレンス」が大人気。

エアーズロックを眺めながら砂漠ディナー
(C)VOYAGES (AYERS ROCK RESORT)

ラクダに乗って砂漠を歩く、キャメルツアーもおススメです。

オーストラリアへはシドニー、ケアンズ、ゴールドコースト、メルボルン、ブリスベンへ直行便があります。

ビーチや大自然だけではなく、シドニーやメルボルンのように街歩きやショッピングが楽しめるエリアもたくさん。オーストラリアの中で周遊して楽しむプランもぜひ楽しんでください。

オーストラリア新婚旅行の予算・日数・モデルプランはこちら>>

ケアンズ新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>

ゴールドコースト新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>

ハミルトン島新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>

シドニー新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>

メルボルン新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報はこちら>>


▼オーストラリアハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


第6位タヒチハネムーン、どこが人気?

タヒチモーレア島はボラボラ島よりリーズナブル

欧米人からも憧れのビーチリゾート、タヒチ。美しいラグーンの中に建つ水上バンガローはハネムーナーから絶大な人気を誇ります。

タヒチでやりたいことは以下の3つ。

(1)ボラボラ島の水上コテージに泊まりたい
(2)カヌーブレックファースト
(3)フォトウエディング

やはり、ボラボラ島は日本人に大人気の離島。少々高くても一生に一度の夢をかなえたいという思いがひしひしと伝わってきます。

直行便が週2往復のため、ハネムーンプランは6日間もしくは8日間(もしくはそれ以上)に限定されます。

また、ボラボラ島の水上コテージ(バンガロー)泊は、特に人気のプランで予約が取りにくいことで有名です。

ラグジュアリーな滞在が基本になるため、予算設定はタヒチ島やモーレア島に泊まるよりも、プラス10万~20万の余裕をもって考える必要があります。

カヌーブレックファーストは、水上コテージ(バンガロー)までカヌーで朝食を運んでもらうプラン。テラスで海を眺めながら、2人きりでゆっくり過ごせるのはうれしいサービスですね。

カヌーブレックファースト
(C)INTERCONTINENTAL MOOREA RESORT&SPA

もう一つ人気なのが、フォトウエディング。美しいビーチやラグーン、緑豊かなタヒチの山々をバックに最高の1枚を残したいという要望がたくさん寄せられています。

モツタプウエディングフォト
(C)HILTON FRENCH POLYNESIA

各リゾートでは結婚式プランもあり。フォトウエディングだけではなく、海外ウエディング先としてもタヒチは魅力的な行き先のひとつとなっています。

タヒチハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>

ボラボラ島新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>


▼タヒチ・ボラボラ島ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


第7位ギリシャハネムーンで何がしたい?

ギリシャハネムーン人気急上昇中

ヨーロッパ周遊で行きたい国のひとつであるギリシャ。地中海に浮かぶサントリーニ島やミコノス島、せかいいさんにも認定されているロドス島、クノッソス宮殿で有名なクレタ島、映画「紅の豚」のビーチモデルとなったザキントス島など、大小さまざまな島があります。

ギリシャでやりたいことは以下の3つ。

(1)サントリーニ島のラグジュアリーホテルに泊まりたい
(2)エーゲ海クルーズを楽しみたい
(3)アテネで古代遺跡を見たい

ギリシャといえば、やはりサントリーニ島の白と青の絶景!美しい夕日が沈む景色はハネムーンにふさわしいロマンティックの極みですね。

直行便はないため、その他の国や都市で乗り継ぐことになります。比較的便利な乗り継ぎ&お得な経由地としてはトルコ(イスタンブール乗り継ぎ)。

ヨーロッパを周遊予定なら、訪れたい国を上手く経由して、プランを組んでもらいましょう。島へ足を延ばすなら8日間以上で検討するのがおすすめ。

美しいエーゲ海をたっぷり楽しむならやはりクルーズ!4泊~7泊のショートクルーズもあるので、ハネムーン向きです。

エーゲ海クルーズは3月~8月がベストシーズン。美しい海を楽しみたいならこの時期に合わせていきましょう。

コスパのいいMSCクルーズやコスタクルーズなど、リーズナブルに楽しめる客船がいろいろ選べますよ。

ただ、クルーズは早い時期で満室になることがほとんど。直前ではなく、1年前など余裕をもって予約するようにしましょう。

新婚旅行でクルーズを楽しむコツ>>

▼ギリシャハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


第8位沖縄ハネムーン、どこが人気?

沖縄ハネムーンは国内では人気No.1

今年に入ってから、ハワイを追い越す勢いで人気が高まっている沖縄。バタバタと海外へ行くより、2人でのんびり、ラグジュアリーに過ごしたいという要望が多いようです。

沖縄でやりたいことは以下の3つ。

(1)美ら海水族館はマスト!
(2)離島に行きたい(特に石垣島・宮古島)
(3)ともかくゆっくりくつろぐ

ダイビングやシュノーケルなど、世界有数の美しい海を楽しめるのもポイント。

ハネムーンにふさわしいラグジュアリーホテルが次々とオープンし、非日常が味わえるのもねらい目かもしれません。

THE RIZ-CARLTON OKINAWA
(C)THE RIZ-CARLTON OKINAWA

普段よりも長めの旅行日数で5日間ぐらいを予定しているカップルが多数。宮古島や石垣島などの離島を組み合わせた周遊プランで、ハネムーンらしいロマンティックなプランを提案してもらいましょう。

沖縄ハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>

石垣島新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

宮古島新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

▼沖縄ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談


第9位スペインハネムーン、どこが人気?

スペインハネムーン人気の観光先サグラダファミリア

ヨーロッパの国で2番目に行きたい国がスペイン。最も訪れた都市はバルセロナで、続いてマドリードを上げている人が多かったです。

スペインでやりたいことは以下の3つ。

(1)サグラダファミリアなどガウディ建築はマスト!
(2)白い村などアンダルシア地方に行ってみたい
(3)何はともあれサッカー観戦

やはり人気は衰えないガウディのユニークな建築物。特にサグラダファミリアは絶対見たいという人が半数以上です。

一度は訪れたいアンダルシア地方

グラナダやフリヒアナ、ミハスなどアンダルシアの白い村、パラドール宿泊と、スペインでしか楽しめない行き先を希望するのが特徴的です。

少しマイナーではありますが、美食で知られるバスク地方へもぜひ足を延ばして。本場のバル文化を楽しめますよ。

スペインに行くならやはりサッカー。レアルマドリード戦が見たいゆえにマドリード?

ビーチリゾートならバルセロナ、コスタ・ブラバ、マヨルカ島、イビサ島へ。欧米スタイルのヴァカンスをたっぷり楽しんでみては?

スペインハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>

バルセロナ新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

マドリード新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

アンダルシア新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>


▼スペインハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

第10位アメリカハネムーンで何がしたい?

ラスベガス

今年ググっと順位を上げてきたのがアメリカ。

ニューヨークやロサンゼルス、ラスベガスなどの大きな都市はもちろん、ディズニー・ワールドがあるフロリダ、メキシコ(カンクン)やペルー(マチュピチュ)、ボリビア(ウユニ塩湖)など、南米との周遊を含めたプランに人気が集まっています。

アメリカでやりたいことは以下の3つ。

(1)ラスベガスやグランドキャニオンでフォトジェニックな写真を撮りたい!
(2)カンクンとの周遊希望
(3)ロスやフロリダのディズニー周遊

アンテロープキャニオン

アメリカ希望の場合は大きく分けて3パターン。一つはグランドキャニオンやアンテロープ、セドナなど大自然満喫派。2つ目はディズニーランド制覇派。3つ目はラスベガス、ニューヨーク、ロサンゼルスなどの大都市派です。

カンクンなどのビーチリゾートやマヤ遺跡、マチュピチュ、ウユニ塩湖などの世界の絶景を求めて南米を希望する場合、必ずアメリカを経由することもあって、ついでにアメリカでの観光も楽しみたいという要望が多いのも特徴の一つです。

アメリカハネムーン感動のオリジナルプランはこちら>>

マチュピチュ新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>

カンクン新婚旅行のホテル・レストラン・観光情報>>


▼アメリカ・南米ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

編集部が大胆予想!?これから注目を集めそうなハネムーンの行き先

ここ数年でぐっと注目を集めている行き先はどこでしょう?テロ事件など海外の情勢が刻々と変化している中、ハネムーンの行き先も少しずつ変化の兆しが感じられます。

個人旅行でも、最近は定番の行き先以外の国、ポルトガルやチェコ、スイス、ブルガリア、ルーマニアなど、普段はパッケージツアーにのらないような国々が増えていますよね。

そこで、みんなから要望がほとんどないけど、行ってみたら絶対に楽しい(はず)!という行き先を編集部が勝手にチョイスしてみました。

1.マルタ島へハネムーン

2.ケニア・タンザニアへハネムーン

3.コタキナバルへハネムーン


1.マルタ島へハネムーン

マルタ島

数としては決して多いわけではないのですが、コンスタントに希望が出ているマルタ島。

ところで、マルタ島ってどこにあるの?という方も多いのではないでしょうか。正式には「マルタ共和国」といって、イタリア・シチリア島の南、地中海に浮かぶ小さな島国です。

ヨーロッパの国でありながら公用語は英語。物価も安くて治安もいいことから、語学留学先としても人気が高いんです。

美しすぎるマルタの海

パリやローマ、フランクフルトから飛行機で2~3時間ぐらい。透明度抜群の美しい海と世界遺産の街ヴァレッタ、インスタ映え最高のポパイ村、そして、猫好きにはたまらない猫の楽園でもあります。

世界最古といわれる神殿遺跡群や聖ヨハネ騎士団(マスタ騎士団)の築いた城塞など、観光にもぴったり。

ヴァレッタの街並み

ビーチリゾートが愉しめて、街歩きや観光、グルメとすべてがそろったマルタ島は、ハネムーンの行き先として大、大、大注目です。まだ、行き先が決まってないというカップルは、ぜひ検討してみては?


▼ヨーロッパ周遊ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

2.ケニア・タンザニアへハネムーン

ケニヤハネムーン

こちらも決して多いわけではないのですが、やはり安定して行きたい!という希望が出ている行き先。

旅費はかなり高くなりますが、一緒に一度のハネムーンだから、思い切って行ってみたいというカップルが多いようです。

ケニアとタンザニアはキリマンジャロを挟んで並んでいる国。どちらも動物たちの楽園としてサファリを楽しみたいという要望が100%でした。

意外に思うかもしれませんが、美しいビーチも広がっています。宿泊先もラグジュアリーなロッジやサファリテントで、すぐ間近で動物が観察できるのはアフリカならでは。

美しいケニアのビーチ

乗り継ぎ地であるドバイで砂漠リゾートを楽しんだり、モルディブと周遊したりといろんなプランが組み立てられます。

めったにはいけないモーリシャスやセイシェルなど、周遊してもいいですね。

ちょっと贅沢ではありますが、思い出に残るハネムーンになるのでは?

ケニア新婚旅行の予算・日数・モデルプラン>>

タンザニア新婚旅行の予算・日数・モデルプラン>>


▼ケニア・タンザニアハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

3.コタキナバルへハネムーン

コタキナバルハネムーン
コタキナバルでアニバーサリー旅行を楽しむ編集部S

旅行日数があまり長くとれないというカップルの救世主がアジアのリゾート。予算的にも安く抑えることができます。

とはいえ、バリ島やプーケット島だとありきたりだし・・・というカップルにおすすめなのがコタキナバルです。

アジアのビーチリゾート穴場

コタキナバルはボルネオ島北部にあり、マレーシア・サバ州の州都。ボルネオ島はインドネシア・マレーシア・ブルネイ3か国の領土となっています。

ランカウイ島ほど知られていなくて、しかも高級リゾートが立ち並ぶビーチリゾートとして人気。治安が良く、若干物価は高めですが、そこはアジアなので、ハワイなどに比べればリーズナブルです。

オラウータン

東南アジア最大の「キナバル山」やリバークルーズ、オラウータンがいるロッカウィ動物園などビーチ以外でも楽しみ方がいっぱい!

東京からコタキナバルまでマレーシア航空の直行便が就航しているので、意外に簡単にアクセスできちゃいます。

いかがでしたでしょうか?行き先にまだ迷っているという場合は、「こんな行き先も検討中」とコメントをいれておけば、ハネムーン・コンシェルジュが予算や日程などに合わせて提案してくれますよ。ぜひ、気軽に相談してみてくださいね。

▼関連記事
動物好きにはおススメ!コタキナバル新婚旅行


▼アジアビーチハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

おまけ!全然ランク外だけどぜひ検討してほしい行き先

ビーチリゾートなら「パラオ」

パラオのロックアイランド

太平洋に浮かぶ楽園、パラオは日本からも以外に近く、時差が1時間と意外に訪れやすい海外のひとつ。ダイビング好きの人なら1度は潜ってみたい場所のひとつですよね。

火山とサンゴの隆起で生まれたロックアイランドは世界遺産。日本統治時代にはパラオ松島と呼ばれたように、キノコのような形をした島々が青いラグーンに浮かぶ姿はまさに絶景!

その中でもウルクターブル島の入り江にある乳白色の海は、石灰岩が泥になって海底に沈んだ独特の色をしています。

ここでは全身泥パックをして遊ぶのがお約束。美肌効果抜群といわれていますので、思い切って泥まみれになりましょう。

パラオには水上コテージができたので、リーズナブルにロマンティック滞在を希望するカップルにはイチオシですよ。

▼関連記事
ハネムーン憧れ水上コテージへリーズナブルに滞在する方法!


▼パラオハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

ヨーロッパなら「スイス」

スイス

ヨーロッパ周遊国でちらちら名前が上がるスイス。とはいえ、他の国に比べると希望者は少ないのが現状です。

でも大自然派のお2人なら、ぜひ一度は訪れてほしいのがスイス。日本から直行便も飛んでおり、治安もいいし、交通の便もいいため、意外に訪れやすい国の一つです。

スイスアルプスや氷河、可愛い街ルツェルン、高級リゾートのスパが人気のサンモリッツ、ショッピングが楽しいジュネーブなど、見所はたくさんあります。

ここを拠点にドイツやフランス、オーストリア、イタリアと周遊するのも便利。少々物価が高いのが難点ではありますが、日本では見ることのできない感動の景色に出会えますよ。

▼関連記事
スイス・ルツェルンは新婚旅行にピッタリのかわいらしい街


▼ヨーロッパ周遊ハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談

ストップオーバーで「香港」「ドバイ」「シンガポール」

香港の夜景

ハネムーンの行き先として指名されることは少ないものの、経由地(ストップオーバー)として選ばれることの多いのが香港、ドバイ、シンガポールでしょうか。

特にモルディブの場合、観光やショッピングが楽しめないため、これらの経由地を選んで1~2日間、街歩きも楽しみたいという要望が多いようです。

砂漠も海もと欲張りたいカップルにはやっぱりドバイ。エキゾチックなアラビアンナイトを楽しめます。目を見張るような160階建ての超高層ビル「ブルジュ・ハリファ」や人工島のパーム・アリランド、広すぎて回りきれないドバイ・モールなど、ワクワクする観光名所がいっぱいあります。

ドバイの高層ビル

香港は夜景の美しい街として知られ、とてもロマンティック。しかもディズニーランドもあり、日本未上陸のアトラクションやショーが楽しめ、穴場ともいわれています。

シンガポールはインスタ映えするスポットがずらり!マリーナ・ベイ・サンズの屋上にあるインフィニティプールは一度は行ってみたいスポットですね。

夜のライトアップが美しいガーデンズ・バイ・ザ・ベイ、シンガポール動物園のナイトサファリなど、デートスポットがいっぱいです。

シンガポール夜のライトアップ

香港・シンガポール発着のドリームクルーズで週末のショートクルーズも魅力的。

ぜひ、ハネムーンSで、二人のこだわりが詰まったオリジナルプランでおでかけくださいね!

ドバイ新婚旅行の予算・日数・モデルプラン>>

▼関連記事
ロマンチックなハネムーンを極める!ザ・ペニンシュラ香港とワールドドリームで過ごすプレミアムな4日間


▼アジアハネムーンプランはこちらから▼

ハネムーンコンシェルジュに相談