クルーズバケーション説明会に潜入!

こんにちは!編集部Iです。

今回はハネムーンに人気急上昇中の「ディズニー・クルーズライン」の説明会があるということで、急遽取材をしてきました。

説明会の場所は銀座にある、クルーズ専門旅行会社「クルーズ・バケーション」。博品館やヤマハ銀座店がある7丁目です。

新橋駅を降りて、7丁目に向かうと日本とは思えないような外国人観光客がいっぱい!大型バスからは次々と旅行者が吐き出され、日本人はちょっとしたアウェー感です。

クルーズバケーションがあるビル

クルーズ・バケーションがある「第7セントラルビル」に到着しました。銀座線の新橋駅からは徒歩約5~6分ぐらいです。

かわいいディズニー・キャラクターがお出迎え!クルーズ説明会会場

ディズニー・クルーズ説明会会場

少し早めについたので、まだ空席があります。ハネムーンと思しきカップルの方や、女性の方が多いようです。

私が取材したのは午後の回だったのですが、満席になってしまったため、急遽午前中にも開催されたそうです。

ディズニーファンの間で「コスパ最高!」「キャラクター遭遇率がすごい!」「クルーズでしか楽しめないエンタテイメント」などなど。注目を集めていると聞いていたので、説明会もお問合せが増えているそうですよ。

ディズニー・クルーズのすべてがわかるといっても過言ではない説明会

ディズニー・クルーズ説明会がスタート

今回の説明会を主催したのはクルーズ専門の旅行会社。

1992年から2012年にかけて、海外クルーズ船会社の日本窓口として創業。その際のメンバーが「プリンセス・クルーズ」の日本オフィスであるカーニバル・ジャパンを立ち上げ、日本発着のリーズナブルで親しみやすいクルーズ文化創生に寄与してきました。

再びクルーズ・バケーションとして再始動したのが2016年。国内外のクルーズ旅行を扱う旅行会社として活動の場を広げています。

説明会を担当してくださるスタッフの方は、クルーズ・バケーションに入社する前から、「ディズニー・クルーズライン」の企画販売を担当。これまでに5,000人以上のお客様を夢と魔法と冒険の旅「ディズニー・クルーズ」に案内してきました。もはや、ディズニー・クルーズ界のカリスマともいうべき、大ベテランです。

それではさっそく説明会の内容をダイジェストにご紹介していきましょう!

夢と魔法と冒険の旅「ディズニー・クルーズ」の魅力は?

ディズニークルーズの概要説明

『ディズニー・クルーズに参加する魅力はなんといっても「キャラクターとの距離の近さ」「追加料金なくミュージカルが鑑賞できる」「仮装と花火が楽しめるパイレーツ・ナイト」の3つです』

大きな船全体がディズニー・パークになっていて、レストランも含めあらゆる場所や場面でディズニーらしい演出とエンタテイメントが楽しめるのがポイントだとか。

例えば、3つあるメインダイニング(レストラン)のうち、「アニメーターズ・パレットレストラン」は、食事をしながらファインディング・ニモに登場した亀のクラッシュとおしゃべりができるというもの。

アニメーターズ・パレットレストラン
アニメーターズ・パレットレストラン

席に座ると英語で名前とどこから来たかを聞いてきます。

「Japan!」と答えると、次からは日本語で話しかけてくれるので、英語は苦手という方でも心配いりません。

お料理はフルコース(パシフィック・リム)の本格派!

この他に庭園をイメージした「エンチャッテッド・ガーデン」、宮殿をイメージした「ロイヤル・パレス」があります。

3つのダイニングを日替わりで楽しめるので、長く滞在する場合でも“飽きる”という心配はまったくないそうですよ。飲み物も一部を除き無料(ミネラルウォーター・アルコールなどは有料)ですので、安心してお食事を満喫できます。

「英語は苦手だから注文どうするの?」

どうぞご安心ください。日本語での案内もあります。もし、日本語での案内がないツアーの場合は「What do you recommend(レコメンド=おすすめ)?」と尋ねれば教えてもらえますよ。

パークでは難しいキャラクターとの写真撮影チャンスがいっぱい!

キャラクターと一緒に写真を撮るチャンスがいっぱい

船丸ごとテーマパークとなっている「ディズニー・クルーズ」。通常のパークだとキャラクターとの遭遇チャンスは大変限られたものになります。

万が一出会えたとしても、大勢の人が写真撮影をしたいため、ゆっくり触れ合う時間なんてありません。

ところが船では乗客に対して、登場するキャラクターの数が多いため、シャッターチャンスは数知れず。

例えば、乗船前に必ず2名のキャラクターがお出迎え。船に乗り込む前にまず撮影チャンス到来。

船内で行われるキャラクター・グリーティングでも撮影だけではなく、おしゃべりしたり、サインがもらえる場合も!

キャストからサインがもらえる

パーティやレストラン、プライベート・アイランド「キャスタウェイ・ケイ」でもと、あらゆる場所でディズニー・キャラクターに出会えるので、ファンにとっては天国のような旅になっています。

欧米人に人気のキャラクターと日本人に人気のキャラクターは違う!?

プリンセス・ギャザリングは予約制

『ディズニー・クルーズで整理券が必要なものが2つあります。1つは“プリンセス・ギャザリング”、もう一つは“フローズンチケット”です』

実は欧米人から人気があるのは、ディズニー・プリンセス。そのため、4人のプリンセスに出会える“プリンセス・ギャザリング”や、アナやエルサに合える“フローズンチケット”は争奪戦なんだそう。

このため、クルーズ・バケーションでは事前予約を代行してくれています。ただし、リピーターさんは早めに予約できる特典があるため、事前予約がとれないこともあるそう。

その場合は、乗船後に「ポート・アドベンチャー」という船内プログラムの予約や、オプショナルツアー(船の場合はエクスカーションという)の予約などができる場所がありますので、そちらでたずねてみましょう。

空きがあれば予約が可能だそうですよ。

ちなみに日本人に人気が高いミッキーやミニーは、欧米人にはさほどではないとのこと。つまり予約なしで、グリーティングできるのでお得な気分ですね。

ディズニー・クルーズのプロ、イチオシは「美女と野獣」のミュージカル!

ミュージカルが上映されるシアター
ウォルト・ディズニー・シアター(画像提供:SENAUN)

キャラクターとの撮影など見逃せないチャンスが次々訪れます。クルーズ中は参加したいアクティビティが多いため、ショーやミュージカルを全部観るのは難しいということもあるでしょう。そこで、絶対外せない1本をご紹介してもらいました。

『3日間のクルーズ中に3本のミュージカルを観ることができます。その中で“美女と野獣”はぜひ見逃さないでほしいです』とのこと。

こちらのショーは、クルーズ船内で上映されているミュージカルで唯一ショーを取っているものだそうです。ブロードウェイで観るミュージカルとそん色ない、本格的な内容となっています。

この他、ディズニーでは定番の「ゴールデン・ミッキー」、映画化などがされていないオリジナルのミュージカル「ディズニー・ビリーブ」が上映されます。
「ディズニー・ビリーブ」は初めてでしかも英語だから内容がわからない、という方のために、説明会でおおまかなストーリーを教えてくれます。安心してディズニー世界を楽しんできてくださいね。

ハネムーンコンシェルジュに相談

カジノはないけどビンゴゲームはある!すべてクリアするとものすごい賞金がもらえるかも!?

ビンゴゲーム

クルーズ船内には通常カジノがあり、海外クルーズの場合は日本の国内海域を出た後、お金をかけて本格的なゲームが楽しめるようになっています。

でもディズニー・クルーズではカジノはありません。その代わり、お金をかけてビンゴゲームが楽しめちゃいます。

20ドルぐらいで参加OK。50ゲーム以内にすべての枠が開くと、賞金50万ドルがもらえるなど、ちょっとした宝くじ並みの大当たりがあるそうです。

今のところ、大当たりした人を見かけたことはないそうですが(笑)、もしかしたら日本で最初のラッキーカップルになれるかもですね。

仮装と花火で盛り上がる「パイレーツ・ナイト」

パイレーツナイトは仮装で盛り上がる

3日間のディズニー・クルーズ中、必ず1回は開催される「パイレーツ・ナイト(ドレスコードはカジュアル)」。パイレーツ・グリーティングでは、海賊に扮したキャラクターと記念撮影ができます。

この時とばかりに海賊に仮装して、ぜひ一緒に盛り上がりましょう。

夕方からはミッキーのパイレーツナイト・ショー、ジャック・スパロウ・ショー、そしてファイアー・ワークス(花火)がデッキから打ちあがります。

デッキから打ちあがる花火が大迫力

すぐ目の前で上がる花火は迫力満点!これもディズニー・クルーズの特権ですね。

夕食は11デッキにある「カバナス」でビュッフェスタイルで。南の島らしい開放的な夜を楽しめますよ。

「本格的な仮装は無理!」という方でも大丈夫。

船内でバンダナを貸してくれますので、どなたでも海賊気分を楽しめます。

プライベートアイランド「キャスタウェイ・ケイ」の楽しみ方のコツは?

プライベートアイランド「キャスタケイ・ウェイ」
(画像提供:SENAUN)

ディズニー・クルーズだけの楽しみといえばやっぱり、プライベートアイランド「キャスタウェイ・ケイ」へ寄港すること。クルーズに乗船したゲストのみが上陸できるという“特別感”が味わえます

朝、島に入港すると午前中は島内でキャラクター・グリーティング三昧!キャスタウェイ・ケイ名物のマラソン大会がありますが『グリーティング優先という方はエントリーをパスしましょう』とのことでした。

実は西口さん、ミッキーとたっぷり触れ合える秘密のポイントをご存じとか!

説明会で教えてくれますので、皆さんぜひ参加して情報をGetしちゃいましょう。

島ではショッピングやBBQランチ、ダンスパーティ、シュノーケリングなど楽しみ方がいっぱい。くたくたになるまで遊び尽くせます。

もちろん島内ではお財布は不要。お部屋のカードキーでお買い物もできます。お食事もドリンクも無料でいただけますので、ご安心くださいとのことでした。

ディズニー・キャラクターとのプライベート・パーティがあるお得なツアーがある

もちろん、旅行日数や予算に合わせてオリジナルプランも提案してもらえますが、添乗員付きのツアーだけの見逃せない特典もあるそうです。

それは「プライベート・パーティ」!参加人数に応じてディズニー・キャラクターがご挨拶にきてくれます。前回のクリスマスのクルーズでは、8名のキャラクターが参加してくれたそうですよ。

プライベート・パーティが開催されるツアーについても説明会で案内してもらえるので、ぜひ検討してみましょう。

ディズニー・クルーズのプロだけが知ってるウラ技をちょぴりご紹介!

出航パーティに関する裏技を伝授

クルーズ船に乗船した後、必ず参加が義務付けられているのがボート・ドリル(避難訓練)です。通常、お部屋にある救命胴衣を身に着けて参加するのですが、ディズニー・クルーズの場合は着用不要です。

実はボート・ドリルの後、「セールアウェイ・セレブレーション(デッキで開催される出航パーティ)」があります。こちらのステージではミッキーやミニー、ドナルドなどおなじみのキャラクターがほぼ全員勢ぞろい

これはぜひ近くで観たいですよね?

ベストポジションを獲得するためには『ボート・ドリル開催ギリギリの時間に行くのがコツ』だそう!最初に到着した人から奥へと詰めて並ばされます。

そうすると、パーティが開催される11デッキに上がるのが遅くなってしまうのだそう。どの通路を通っていくのがいいのかなど、細かい裏技を説明会では伝授!

このため、「セールアウェイ・セレブレーション」の最前列にいるのはクルーズ・バケーションで申し込んだゲストばっかりというクールーズも(笑)。

この他、クルーズ最終日のお別れパーティを満喫するコツ、夕食時間の選び方、客室の選び方のポイントなどなど。

ディズニー・クルーズを知り尽くした担当者さんならではの、お得情報が次々と飛び出し、説明会が大いに盛り上がりました。詳しく知りたい人は、ぜひ説明会に参加してみましょう。

ハネムーンコンシェルジュに相談

ディズニー・クルーズでよくある質問

説明会でよくある質問を開設

最後に説明会で飛び出した質疑応答をダイジェストにご紹介しましょう。

 

Q.お得な時期やベストシーズンはいつですか?

A.キャラクターとのふれあいがメインという方なら、2月は旅費が安くねらい目です。欧米のお客様も少なくなるので、船内が比較的すいています。

ただ、カリブ海とはいえ寒くなるので海で泳ぐのはちょっと厳しいです。

乾季にはいる秋冬は過ごしやすいですが、ハリケーンが訪れる時期は要注意。オーランドのパークも閉園になる場合があります。この時期は避けた方がいいでしょう。

 

Q.2020年3月以降の予定がまだ出てないようですが、いまからでも予約はできますか?

A.もちろん大丈夫です。むしろ、いまのうちに予約してしまった方がお得です。

というのも、ディズニー・クルーズは今後値段が高くなることはあっても、安くなることはありません。いま申し込んでおけは、今後値上がりしても、値上がり前の値段で旅行できます

予約後のキャンセルがかからないタイミングは90日前までです。キャンセル金額は宿泊数などによって変わるので、お申込みの際に遠慮なくお尋ねください。

 

Q.ミネラルウォーターは有料ということでしたが、船内のお水は飲めるのですか?

A.はい大丈夫です。私はいつもミネラルウォーターを買いません。ディズニー・クルーズラインでは食の安全などにこだわっていますので、船内のお水は安心して飲めますよ。

有料になるドリンクは、ミネラルウォーター、スペシャリティコーヒー(普通のコーヒーは無料)、アルコール。それ以外のソフトドリンクは、キャスタウェイケイで提供されるものも含め無料です。

 

Q.英語が苦手で、飛行機の乗り継ぎやホテルのチェックインなど、海外旅行の経験もあまりないので心配です。

A.オーランドに駐在する日本人スタッフが、随所でバックアップするので大丈夫です。困ったときはいつでも電話でサポートします。

また、オーランド空港では日本語ガイドが待機し、ホテルのチェックインなども代行します。

過去10年、大勢のお客様をディズニー・クルーズへ送り出していますが、迷子になって帰ってこれなかったお客様は1人もいらっしゃいません(笑)。

アメリカの入国審査はいろいろ聞かれるので、英語が苦手な方にとっては難しいというイメージがあるかもしれません。

最近では端末を使った予備審査がありますが、日本語が選べます。

また、入国審査官から“What is the purpose of the trip?”と旅の目的をきかれますが、その時はとびきりの笑顔で“Disney Cruise!”とお応えいただければ、すんなり通過できますよ。

 

Q.クルーズは初めて。持ち物や服装はどうしたらいいでしょう。

A.皆さんによく聞かれるものをまとめてご紹介しましょう。

(1)服装について

ディズニー・クルーズは、基本カジュアルで大丈夫です。メインダイニングでのお食事でもカジュアルで構いません。ただし水着、タンクトップ、パジャマ、短パンなどは避けましょう。

「せっかくなので、ドレスアップを楽しみたい」という方は自由に楽しんでいただけます。

有料の大人専用レストラン「レミ」「パロ」ではインフォーマル(男性はジャケットにネクタイ、女性はワンピースなど)になりますので、こちらでお食事を希望する場合はご注意ください。

(2)持っていくといいもの

お部屋には「歯ブラシ」「ひげそり」「スリッパ」「パジャマ」はありませんので、必要に応じてご準備ください。船内ショップで購入もできます。

インサイドのお部屋は外気を取りこめないため、お部屋が乾燥しがちです。風邪をひく方が多いようなので、マスクを持参するといいでしょう。

船内の電源は110ボルトなので、変換プラグや変圧器は不要です。ヘアアイロンは海外仕様のもののみ持ち込み・使用OKです。

また、冷房対策として上着をお持ちください。特にシアターでミュージカル鑑賞の際は、かなり冷房が効いているので必需品です。

(3)持ち込めないもの

湯沸かしポット、延長コード、アイロンはNGです。

お湯や氷は無料で提供されますのでそちらを利用してください。また、アイロンも無料で使えます。お洗濯は有料になりますが、ランドリーがあります。

 

Q.お酒の持ち込みはできますか。

A.アルコールの持ち込みはOKです。ワインは2本まで、ビールは350ml入りの缶6個まで大丈夫。

持ち込みの際は、スーツケースには入れずに手荷物で持ち込むようにします。飛行機の場合とは逆なのでご注意ください。チェックインの際に申請します。

客室には冷蔵庫があるので、お持ち帰りのデザートや軽食などを保存できます。

この他にもいろいろ聞きたいという方は、ぜひ説明会に参加してお得情報や裏技をGetしちゃいましょう。

説明会ではディズニー・クルーズだけではなく、パークでおすすめのホテルやお部屋、ファストパスの申し込み方・裏技などを、丁寧に説明してもらえますよ。

地方にいて説明会に参加できないという場合は、メールでの相談もOK。ぜひ、問合せしてみましょう。

ハネムーンコンシェルジュに相談

 

■取材協力

株式会社クルーズ・バケーション
東京都中央区銀座8 8-8-1 第7セントラルビル7階
電話:03-6274-6171

≫ディズニー・クルーズ体験談満載!すだちさんのブログ

ハネムーンクルーズについてもっと詳しく≫
国内ハネムーンクルーズ特集はこちら≫

▼関連記事
海外初心者さんやハネムーンに「クルーズ」をおすすめする理由
ハネムーンで人気のディズニー・クルーズってどんな感じ?どこがおすすめ?
ディズニー・クルーズラインのおすすめプラン特集
ディズニー・クルーズ説明会にハネムーンS編集部が潜入!お得&裏技満載の現場をご紹介します