タイ・プーケット新婚旅行

プーケット島はタイ南部にある島で、真っ白な砂浜とエメラルド色の海が広がる「アンダマン海の真珠」ともいわれるビーチリゾート。バンコクから、国内線で約1時間20分で到着します。

ビーチだけではなく、島の約8割近くを占める山地があり、うっそうとしたジャングルが広がる変化に富んだ地形をしています。また、旧市街地はポルトガル人や中国人が作り上げたレトロな街並みがあり、シノ=ポルトガル様式の建築物や雑貨店、ミュージアムなどでにぎわっています。

シノ=ポルトガル様式の建築物

今回はアジアエリアを得意とする旅行会社「カモメトラベル」のコンシェルジュに最高にロマンティックなプーケット島への新婚旅行プランを紹介してもらいました。

一生忘れられないディナーを!プーケット&バンコク、2つのバンヤンツリーでサプライズ

「お客様からのご相談は『心に残るイベントを盛り込んだプランで、いつまでも心に残る景色と出会える場所を希望します』とのこと。」

「プーケットでは、プライベート・プールの付いたヴィラ<バンヤンツリー・プーケット>での滞在をご提案。2人だけの時間をゆっくりお愉しみいただけるようにしました。」

バンヤンツリー・プーケットに滞在

「もし、アクティブに過ごしたいというカップルには、『007 黄金銃を持つ男』気分が味わえるパンガー湾(ジェームズ・ボンドの島がある)、レオナルド・ディカプリオの「ダイブ」でお馴染のピピ島、小さな無人島「カイ島」など、2人の距離が更に近くなるリトル・アドベンチャーをご用意できますよ。」

(写真はパンガー湾)
(写真はパンガー湾)

「夜は、バンヤンツリーならではのロマンティックディナーを。ラグーンに浮かぶ2人の為の浮島で、2人だけのディナーをお楽しみいただこうと思いました。」

「4日目にはバンコクへ移動。バンコクは喧騒と活気のイメージがありますが、意外と、2人だけの静謐な場所もあるものです。スクンビットの一軒家スパにて2人でエステを受けたり、「サヨナライツカ」の世界、オリエンタルホテルでチャオプラヤー川を見ながらゆっくりティータイムなどなど….. 。

バンコクでリバークルーズ
※写真はイメージです。

夕方になったら宿泊ホテルのバンヤンツリーが有する、タイ・スタイルのクルーズ船「アプサラ」にて黄昏色のバンコクを味わうディナークルーズへお出かけいただくこともできます。」

「まったり過ごした次の日は、バンコクからショートトリップがおススメ。古の都・アユタヤや、本格的象トレッキングを味わえるカンチャナブリに、「これぞタイ!」と言える水上マーケットなど、バンコクの周りには迷う程の見どころがあります。」
「バンコクに戻ったら、ホテルの屋上レストラン「ヴァ―ティゴ」でのディナーを。「ヴァ―ティゴ」とはスペイン語で「目まい」の意。目の眩むようなバンコクの夜景と眼下の眺望を肴に、サプライズでロマンティックなディナーをお愉しみいただけます。飲みすぎてもすぐにお部屋まで戻れるので安心です♪」

ロマンティックに過ごすバンコクハネムーン

「湖の上に2人だけの食事スペースを作ったり、高層ホテルの屋上でのディナーなど、日本では味わえない、タイならではの一生心に残るディナーをお愉しみいただきました。」

世界が注目するアジアリゾートで至福の新婚旅行を!

日本から近いアジアのリゾートでは、非日常性を味わえない!?いえいえ、そんなことはありません。そこはコンシェルジュの腕の見せ所。パッケージツアーではなかなか出会えない、特別な演出を考えてもらえますよ。

最もロマンティックな時間が過ごせるディナーにこだわり、プーケットでもバンコクでも、エキサイティングなアクティビティーを提案可能。お勧めスパもたくさんあります!

タイ・プーケット島新婚旅行プランを相談したい方はこちらからどうぞ

【関連記事: プーケット島新婚旅行特集


【プーケット島新婚旅行プラン】

ロマンティックでサプライズなディナーを!

■エリア名: タイ(バンコク・プーケット島)

■テーマ: ロマンティックでサプライズなディナーを!

■旅行時期: オールシーズンOK(特に乾季の10月~2月がおススメ)

■旅行スケジュール(6日間)

1日目:プーケット着<バンヤンツリー・プーケット/プール・ヴィラ泊>
2日目:フリー<バンヤンツリー・プーケット/プール・ヴィラ泊>
3日目:フリー<バンヤンツリー・プーケット/プール・ヴィラ泊>
4日目:バンコクへ移動<バンヤンツリー・バンコク泊>
5日目:日本着


 

■取材協力

カモメトラベル
東京都新宿区四谷4-28-4 YKB エンサインビル11階
Tel: 03-6380-1155