ザ・リッツ・カールトン沖縄
(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

サービス、ホスピタリティの高さでゲストを魅了するラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン」。普段はなかなか泊まれないホテルですが、ハネムーンという特別な時間を過ごすなら、こんな贅沢もいいのでは?

海外旅行は苦手、国内でゆっくり新婚旅行を楽しみたい。授かり婚で遠出は無理、でもビーチリゾートでのんびりしたい。2人ともゴルフ好きで滞在中にプレイを楽しみたいなどなど。そんなハネムーンの希望に応える「ザ・リッツ・カールトン沖縄」をご紹介しましょう。

やんばるの森に囲まれたラグジュアリーゴルフ&スパリゾート「ザ・リッツ・カールトン沖縄」

那覇空港から車で北上すること約75分。「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、沖縄本島北部・名護市に位置し、美しい東シナ海・名護湾を望む高台に建っています。

グスクをモチーフにしt外観(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
琉球のシンボル「首里城」の赤い瓦と白い城壁をモチーフとした外観(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

亜熱帯の森「やんばる」に包まれ、首里城をモチーフとした外観が印象的。館内も「沖縄の自然・文化・心」をテーマとしており、伝統と現代的な快適さが美しくミックスされた重厚なたたずまいを見せています。

ゲストルームからは、エメラルドグリーンに輝く東シナ海。「かねひで喜瀬カントリークラブ」の美しいグリーンを眺めることができ、リラックスした気分で滞在いただけます。

静けさと安らぎに満ちた館内には、潮風が吹き抜けるラウンジ、日だまりのテラス、屋外プールに面したライブラリーなどのパブリックスペースが随所にあり、気分に合わせて自由にくつろげるのが魅力です。

ロビー(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
ロビー(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

プライバシー性の高さと解放感あふれる館内が特徴の「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、まさにリッツ・カールトンならではの上質な滞在が約束されています。

濃密な大自然の中、食と癒し、心温まるおもてなしで、日常を忘れ、琉球のゆるやかな時の流れに身を任せた、まさに”大人”の新婚旅行になることでしょう。

琉球モダンの客室に、さりげなく取り入れたテクノロジーが快適さをアップ

デラックスルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
デラックスルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

シックなカラーで統一された客室。ナイトランプに沖縄の伝統的な織物・芭蕉布(ばしょうふ)を使用したり、沖縄の漆工芸品をモチーフにしたティーキャビネットを配すなど、ディティールに至るまで「沖縄の自然・文化」を取り入れています。

よく「枕が変わると眠れない」といいますが、ここではそんな心配は無用です。ベッドは寝心地の快適さで定評のある米国の寝具メーカー・シーリー社製を採用しているため、肌触りの良いシーツ、包み込むような優しい感触の枕、絶妙な柔らかさのマットレスで、普段以上に良質な眠りを体感できます。

シンプルで安らげる雰囲気が特徴の客室ですが、実は最先端のテクノロジーが随所に隠れています。

客室の扉を開けると同時にカーテンが開く「ウエルカム機能」、メディアパネルを装備したライティングデスク、エスプレッソマシーン、iPodサウンドシステムなど、現代的な快適さも忘れてはいません。

バスルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
窓の向こうに広々としたゴルフ場を臨むバスルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

テラスに面した大きなビューバスには、沖縄素材のバスソルトやバス枕が用意されています。たっぷりと張ったお湯に浸かれば、結婚式や新生活の疲れも回復していくことでしょう。

バスのアメニティは、全世界のザ・リッツ・カールトンホテル共通で使われている、英国王室御用達の「Asprey」です。

他にもルームウェアやパーカー、タオル、スリッパ、高機能ヘルスメーター(一部の客室を除く)など、旅先でも自宅のようにくつろげるアメニティがそろっています。

あくせくと観光やショッピングに追われることなく、沖縄の大きな空の下、優しい光に包まれて、ゆったりとしたリゾートライフを満喫してみてはいかがでしょうか?

お部屋のカテゴリーはデラックスルーム(45㎡)、高層階のベイデラックスルーム(45㎡)、角部屋のプレミアデラックスルーム(58㎡)、テラスにジェットバスを備えたカバナルームがあります。

カバナルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
カバナルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

何もしない贅沢!インフィニティプールでまったり時間

屋外プール(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
屋外プール(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

ホテルの敷地内にはインフィニティプールが4月~10月にオープンします。海とひとつなぎに見える独特の景観は、天空の楽園で泳いでいるかのような心地よさを感じさせてくれます。

デイベッドに横になると視界に入るのは、青い空と青い海、光にきらめくプールと木々の緑だけ。聞こえてくるのは小鳥のさえずりや風の音というまさに大自然と絶景を満喫できるロケーションなのです。

のんびりと日光浴するもよし、読書を楽しんだり、泳いだり、リゾートならではのくつろぎを体験いただけます。

プールはライブラリーが隣接していますので、日差しを避けて涼んだり、飲み物や軽食を楽しむことも可能です。ライブラリーはアカデミックな文学集から写真集、ガイドブック、コミックまで幅広いジャンルの書籍を網羅しています。

コーヒーを片手に、時間を忘れて読書するのも贅沢ですね。

ライブラリー(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
ライブラリー(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

夕暮れ時にはすばらしい茜色の空に包まれ、ハネムーンらしいロマンティックなひとときを過ごせることでしょう。

ホテル内に施された「ザ・リッツ・カールトン」流おもてなしの仕掛け

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」は、どこにいても水の流れを感じられるように、館内の随所に水のアートが演出されています。

重厚で異文化の香りに包まれたロビーを抜けると目の前には「水をたたえた庭」が現れます。

水をたたえた庭(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
水をたたえた庭(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

この美しい水景は時間とともに変化し、ロビーから客室へ、客室からダイニングルームへと移動するたびに異なる感動と安らぎを呼び覚ましてくれます。

ザ・リッツ・カールトン沖縄は伝統と現代的な快適さを備えてます
(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

荷物をほどいたら、まずはぶらりと館内を散策。ザ・リッツ・カールトンならではの素晴らしいおもてなしの仕掛けが随所に施されているのを2人で発見しに出かけましょう。

レストラン「グスク」の外側に張り出したテラスにおかれたデイベッドに身を任せれば、美しい水景を独り占めできます。

プールサイドに並ぶデイベッド
レストラン「グスク」の外側に張り出したデッキ(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

また、ホテル棟からスパ棟へとつながる通路には、風情漂う竹のトンネルがお出迎え。その先を抜けると、亜熱帯の森が広がるガーデンが見えてきます。

スパ棟にあるデイベッド(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
スパ棟にあるデイベッド(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

ここにも美しい水の流れがあり、ヤシの木がつくる木陰やシダ類の濃密な葉陰、草花が咲き誇るビオトープが深い安らぎを作り出しています。

まさに水と緑がつくり出す特別なサンクチュアリ。朝や夕暮れなど、この場所でのんびりと過ごして、沖縄のエネルギーを感じてみてはいかがでしょうか。

3つのレストランとバー、ロビーラウンジで「ザ・リッツ・カールトン」グルメを味わう

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」では、島特有の食材を使い、枠にとらわれないオリジナルメニューをご提供しています。一生の思い出に残るハネムーンの味を楽しむことができます。

オールデイダイニング「グスク」

グスク(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
グスク(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

回廊形式のプールを渡った先にあるダイニング「グスク」は、高い天井とテラスとひと続きになった開放感あふれるレストランです。

窓の先には“ナゴブルー”に輝く名護湾が望めます。

朝食ブッフェでは50種類以上の料理が並び、洋食から和食、沖縄伝統料理と多彩なメニューが用意されます。シェフが目の前でつくる卵料理、ホテルメイドのパン、島野菜を使った料理、南国フルーツなど、豪華客船で旅を続けているかのような感動を覚えます。

ランチやディナータイムには、沖縄料理はもちろん、沖縄産豚のしゃぶしゃぶやオリジナルの石焼タコライス、パスタ、ハンバーガーなど飽きのこない多彩なメニューが用意されています。

夜は三線(曜日限定)の生演奏を聴きながら、沖縄の夜を満喫してみてはいかがでしょう?

イタリアンレストラン「ちゅらぬうじ」

ちゅらぬうじ(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
ちゅらぬうじ(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

沖縄の言葉で「美しい虹」を意味する「ちゅらぬうじ」は、気品と風格あふれた空間の中に、さりげなく沖縄の伝統工芸品「やむちん」や琉球ガラスのアート作品が溶け込む、粋なしつらえのレストランです。

沖縄の近海で獲れた鮮魚や県産和牛、伊江島産の鴨肉、紅芋など選び抜かれた食材を、イタリアンの技法でこれまでにない味へと変貌させた、ここでしか出会えない美食の数々は感動を覚えます。

ディナータイムに味わいたいワインは、ソムリエが食事内容やゲストのご希望にあった1本をご用意いたします。もちろんお好みに応じてフルーツ・カクテルやノンアルコールカクテルも取り揃えていますので、ソムリエに相談してみましょう。

鉄板焼レストラン「喜瀬」

喜瀬(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
喜瀬(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

わずか18席の限られたお客様だけをお迎えする鉄板焼レストラン「喜瀬」。沖縄伝統の工芸品「芭蕉布」をあしらった照明が柔らかな空間をつくりだしています。

メインコース「喜瀬(KISE)」は、鉄板焼料理長が厳選した沖縄県産黒毛和牛や鮮魚、旬の沖縄野菜をふんだんに使い、ひと皿一皿心を込めて丹念につくり上げる人気のコースです。

季節ごとに内容は変わりますが、ゲストの目の前で、沖縄ならではの食材が驚きの調理法でモダンに昇華していく様は、まさに食のエンターテインメント。シェフの優雅で華麗な動きと、食材へのこだわり、あふれんばかりの創造力、沖縄食材の奥深さを、五感で体感いただけます。

器にも「やむちん」や「琉球ガラス」などを使用しているほか、沖縄本島北部の旨味のある屋我地島の塩や、自家製のポン酢、梅のディップといったコースの細部にまでこだわり、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」らしさが行き届いた味と演出をご堪能いただけます。

パートナーに内緒で予約しておき、サプライズプレゼントにするのもいいですね。ハネムーンの思い出と共に心に刻まれる楽しくて美味しい特別な時間になることでしょう。

本格的なアフタヌーンティーが楽しめる「ザ・ロビーラウンジ」

ザ・ロビーラウンジ(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
ザ・ロビーラウンジ(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

エントランスロビーの左手に位置する「ザ・ロビーラウンジ」。テラス席からはエメラルドグリーンの海とゴルフ場のグリーンが見渡せます。天気が良く穏やかな日は、大きな窓から吹き抜ける潮風がとても心地よく涼やかに感じられます。

午後はこのラウンジで、TWGの茶葉を使った本格的なアフタヌーンティーはいかがでしょうか?

「ザ・リッツ・カールトンケーキ」もいいですが、ここでしか楽しめない「琉球アフタヌーンティーセット」が特におすすめです。“からし菜”や“島ニンジン”、“豆腐よう”などユニークな沖縄の旬の食材をアレンジしたフィンガーサンド、スコーン、プチフールが沖縄らしさを演出します。

さんぴん茶やぶくぶく茶と一緒に沖縄での休日を思う存分楽しみましょう。

ディナーの後は「ザ・バー」へ

ザ・バー(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
ザ・バー(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

素晴らしいディナーのあとは、ホテル棟4階にある「ザ・バー」へと向かいましょう。

沖縄を訪れたらやっぱり一度は味わっておきたいのが泡盛です。沖縄中の蔵元から集めた甕の中で熟成を重ねている泡盛を飲み比べしていただけます。

「喜瀬モヒート」「喜瀬マルガリータ」「喜瀬マティーニ」など、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」の泡盛をつかったオリジナルカクテルにトライしてみてはいかがでしょうか。ハネムーンの思い出に残るラグジュアリーなひと時になることでしょう。

新婚旅行の至福の思い出に2人でくつろぐスパ

ホテルとは別に独立した2階建ての「ザ・リッツ・カールトン スパ  by ESPA」。

ここには、トリートメントルーム4室、ドライトリートメントルーム4室、屋外に指圧式ボデイマッサージが受けられるカバナ(デイベッドスペース)があります。

屋外にあるカバナルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
屋外にあるカバナルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

加えてトリートメントルームは、オーシャンとフォレストという2つのスイートルームがあります。

オーシャンスイートにはリビングルームと、独立した2つのトリートメントルームには、それぞれプライベートバスも用意されています。

また、フォレストスイートはふたりで同時にトリートメントを受けられる特別な空間。森林を見下ろせるスチームサウナのほか、こちらにもプライベートバスを完備しているので、極上のリラクゼーション体験が可能です。

海側のスパルーム(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
オーシャンスイート(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

この他にもネイルサロン、リラクゼーションルーム、屋内プール、ジェットバスをはじめ、ドライサウナやオリジナルの風化珊瑚タイル岩盤浴などを備えたヒートエクスペリエンス(温浴施設)、そして最新のマシンを揃えたフィットネスジムなど、トータルなウェルネス体験を可能にする設備が揃っています。

ジェットバス(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
ジェットバス(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

ジェットバスは、ちょっと大きめのバスタブでゆっくり過ごしたいというカップルにもおすすめです。

沖縄リゾートウエディングにもおすすめ

今、沖縄でのリゾート婚は大人気!沖縄でのウェディングは、ご家族やご親族、親しい友人たちにとっても、海外よりも参列しやすいので喜ばれること請け合いです。

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」が提供するのは、その名も「ザ・ジェニュイン・リゾート・ウエディング」です。

グスク・テラス(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
グスク・テラス(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

そこには、「一生のうちでおふたりが最高に輝く瞬間を、琉球のゆるやかな時間が流れる、ザ・リッツ・カールトン沖縄という特別な場所で過ごしていただきたい」という思いが込められています。

やんばるの森と、沖縄本島で最も美しいといわれる東シナ海・名護湾を望むテラスで行われるセレモニーは、ザ・リッツ・カールトン沖縄ならではの“心温まる”、そして“記憶に残るおもてなし”と、最高のロケーションとともに、おふたりの忘れられない大切な想い出を演出してくれることでしょう。

喜瀬(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)
喜瀬(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

「ザ・リッツ・カールトン沖縄」なら、お2人が思い描く結婚式をトータルにプロデュースしてくれます。

例えば、ウエディングプランはホテルにお任せし、ハネムーンプランはウエディングコンシェルジュに相談することも可能です。さらに、ホテルまでのご家族の移動手段の手配から現地での観光まで、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」なら必要なことを何でもまとめてお願いできるのでおすすめです。

一生に一度のウェディングだからこそ、ぜひ「ザ・リッツ・カールトン沖縄」で、ワンランク上の洗練された上質のサービスを体感してみてはいかがでしょうか。パートナーやご家族と共に、より深く沖縄の魅力に触れる旅をお楽しみください。




ザ・リッツ・カールトン沖縄 THE RIZ-CARLTON OKINAWA

上質なおもてなしとサービス「ザ・リッツ・カールトン沖縄」
(写真提供:ザ・リッツ・カールトン沖縄)

ホームぺージ

住所:沖縄県名護市喜瀬1343-1
電話:0980-43-5555(ホテル代表)

 

●アクセス:那覇空港から車またはタクシーを利用して約75分、エアポートリムジン利用で約90分
●プライベートリムジンサービスで約75分
1台 16,000円 から(4名様まで)
※ホテルに電話もしくは、メールでの事前予約が必要となります。
●ホテルからかりゆしビーチ、ブセナ海中公園まで車で約2分、美ら海水族館まで車で約60分程度




【関連記事】
「ザ・リッツ・カールトン京都」のウェディングプランについてはこちら>
沖縄新婚旅行の予算・日数・モデルプラン詳しくはこちら>>