ハネムーンは「Go To Travel」キャンペーンでお得に

新型コロナウイルスの影響で、泣く泣くハネムーンが延期になった。そんな方も多いのでは?

しばらくは海外旅行は難しいというのが現状。せめて国内旅行だけでもと考えている方もいらっしゃることでしょう。

そこでチャンスなのが政府主導で実施が決定した「Go To Travel」トラベルキャンペーン!旅行会社を通じてハネムーンプランの予約をすると旅費の35%が助成され、9月以降は旅行先で使用できる商品券が付与されるので、実質半額相当分が助成されるんです。

当初はキャンペーン開始は8月上旬からの予定でしたが、7月の4連休にも使えるよう、急遽7月22日(水)から先行スタートが決定。みんな今か今かと詳しい情報を待っている状況です。

Go To Traveキャンペーンでハネムーンに行こう

今回はこのお得な補助金を活用して、ちょっと贅沢に国内新婚旅行を楽しんでみませんか?まずはキャンペーンの概要から解説していきましょう。

※2020年7月16日(木)赤羽国土交通相より、東京で感染者が拡大していることから、「Go To Travel」キャンペーンの対象は「東京発着(都民の旅行)、東京を目的地とする旅行を除外する」との報道がありました。

すでに「Go To Travel」キャンペーンを利用する前提で2020年7月22日以降の旅行を予約済の方は、還付金申請について紹介さいれているサイトを参照してください。

また、「Go To Travelキャンペーン」について質問等がある場合は、専用サイト&問合せ先が開設されましたので、以下に直接お問合せください。

【Go To Travelキャンペーン問合せ先】
03-3548-0520(10時~17時受付、土日祝休み)
※7月31日まで毎日受付:03-3548-0540
旅行者向けのホームページ≫

「Go To Travel」キャンペーンとは?

Go To Travelキャンペーンとは

農林水産省・経済産業省・国土交通省が主導して行われる「Go To キャンペーン」。新型コロナウイルスの影響で、大打撃を受けた旅行業・飲食業・イベント業を支援するために企画されました。

「Go To Travel」キャンペーンはその支援策のひとつ。

この他に飲食店を応援する「Go To Eat」キャンペーン、「Go To Event」キャンペーン、「Go To 商店街」キャンペーンの4本柱で実施されます。

「Go To Travel」キャンペーンを利用すると旅行費用が実質半額に!?

旅費が半額になる

「Go To Travel」キャンペーンは、ハネムーンでかかる旅費の35%を助成するという内容。

例えば旅行代金が40,000円ならその35%分に相当するの14,000円分を補助してもらえます。

さらに9月以降は、旅費40,000円の15%に相当する6,000円分は旅行先で利用できるお買い物クーポン(お土産、食事、アクティビティなどに利用できる商品券)が付与されるという仕組み。

「Go To Travel」キャンペーン助成の中身

国からの補助は1泊に付き最大で14,000円まで。2泊3日なら最大で28,000円、3泊4日なら最大で42,000円というように、1泊ごとに補助されます。

「何泊までが上限」という制限はないので、お休みが取れるなら7泊でも8泊でもOK!

これを機会に日本一周ハネムーンなんかもいいですね。

※7月22日から先行スタートする「Go To Travel」キャンペーンですが、当面の間地域共通クーポンの適用が間に合わないとのころ。実質的な補助は旅行代金の35%補助のみとなりますのでご注意くだださい。

ハネムーンコンシェルジュに相談

「Go To Travel」キャンペーンはもちろんハネムーンにも使える!

ハネムーンにもキャンペーンは適用される

「Go To Travel」キャンペーンは国内旅行限定!日本に住んでいる人が対象になります。

なので国内へのハネムーンにももちろん適用されるというわけ!

人気の沖縄はもちろん、関西周遊や四国周遊なども魅力的。ちょっと贅沢だからとあきらめていた高級ホテルに宿泊だって夢ではありませんよ。

「Go To Travel」キャンペーンは旅行会社にお願いするのが最もお得!

旅行会社にお任せが最もお得

最近では、ホテルの予約サイトや飛行機の格安チケットを個別に予約して旅行を楽しんでいるという方が増えています。「Go To Travel」キャンペーンと合わせて利用したら、さらに激安になるのでは?

実は個人で手配した場合は宿泊費分のみ35%!格安の航空チケットや新幹線の切符は対象外なのでご注意を。

「Go To Travel」キャンペーンに限っては旅行会社にまとめてお願いが最もお得だと覚えておいてください。

ハネムーンコンシェルジュに相談

「Go To Travel」キャンペーンはいつまで?急がないと早めに終了しちゃうかも!

キャンペーンいつまで

「Go To Travel」キャンペーンの予算総額は約1.1兆円。1人で何度でも利用できて、連泊制限がありません。

このため、予算を使い切ってしまったらキャンペーン実施期間中でも終了。つまり、行くと決めたら早めに予約がおすすめです。

現在、キャンペーンの実施予定期間は2020年7月22日(水)~2021年3月中旬まで。旅行実施時期は先であっても、予約だけは早めに済ませてしまいましょう。

「Go To Travel」キャンペーンが適用されるのはどんなハネムーンプラン?

キャンペーンが適用されるプランの種類

旅行会社を通じてお願いしたハネムーンプランなら、以下のパターンが適用されます。

  • パッケージツアー(宿泊、交通手段、観光、アクティビティがすべてセットになったもの)
  • 宿泊と交通手段だけをセットにしたスケルトンツアー
  • 自分たちの希望に沿ったオリジナルプラン(オーダーメイド)
  • 宿や交通手段などを旅行会社を通じて個別にまとめて手配してもらう手配旅行

宿だけ、交通手段だけ旅行会社にお願いする場合は、宿泊費用のみの適用になるので注意してください。

「既存のツアーだと行きたい内容のプランがない」
「せっかくだからこのホテルのこの部屋に泊まりたい!」
「ハネムーンらしい特別な体験がしたい」

そんな方なら、オリジナルプランをお願いするのがおすすめです。

日本にもまだまだ出会ったことのない絶景や名所・名跡があります。ぜひ国内ハネムーンのプロに相談して、自分たちだけのたった一つの特別なプランを提案してもらいましょう。

ハネムーンコンシェルジュに相談

旅行代金の35%分が補助されるならちょっとゴージャスに!おすすめハネムーンプラン

ラグジュアリーなプランも楽しめる

普段は高すぎて諦めていたという豪華ホテルに宿泊!飛行機ならビジネスクラス、新幹線ならグランクラスというように、ちょっとプレミアムなプランを楽しんでみませんか?

ANAやJALのマイレージがその分貯まるので、次回の旅行もお得にいけちゃいますよ。

以下、「Go To Travel」キャンペーンで行くハネムーンにぴったりなモデルコースをご紹介しましょう。

日本一周ハネムーンモデルコース

日本一周ハネムーン

自転車やバイク、自家用車で日本一周旅行を楽しんだといういう人の体験談をよく聞きます。また、豪華客船での日本一周クルーズは毎年必ず運航される人気のプラン。

旅行日数もですが、金銭的な余裕がないとなかなか楽しめないプランですね。

しかし「Go To Travel」キャンペーンを活用すればかなりお得!ここは思い切って日本一周ハネムーンに出かけてみるのもいいかもしれません。

以下、モデルコースと旅費目安はあくまでも概算ですので、ぜひ旅行会社にハネムーンプランと見積りをお願いしてみましょう。

1.新幹線を乗り継いで日本一周旅行

新幹線で日本一周ハネムーン

北海道、東北、秋田、山形、上越、北陸、東海道、山陽、九州と9つの新幹線を駆使して日本一周。北海道もしくは鹿児島まで飛行機で移動し、スタートするのが効率よく回るコツです。

途中で観光をうまく取り入れながら、地元ならではのグルメやショッピングを楽しみましょう!

旅行日数目安:9泊10日前後
旅費目安:大人1名50~60万
※ホテル宿泊は2名1室利用の場合

<Go To Travelキャンペーンを活用した場合の費用目安>
例:9泊10日 1人当たり50万円の場合旅費負担額 37万4千円
助成金額:12万6千円(9月以降は5万4千円相当の地域共通クーポン付与)
※1泊あたり1人14,000円が上限(14,000円×9泊=126,000円)のため

2.飛行機や電車を乗り継いで日本一周旅行

飛行機も利用して日本一周ハネムーン

要所要所で飛行機を活用し、比較的短い移動時間で周遊するプラン。飛行機を使えば、沖縄や屋久島、奄美大島などの離島にも行けます。

旅行日数目安:7泊8日前後
旅費目安:大人1名40~50万
※ホテル宿泊は2名1室利用の場合

<Go To Travelキャンペーンを活用した場合の費用目安>
例:7泊8日 1人当たり40万円の場合旅費負担額 30万2千円
助成金額は9万8千円(9月以降は4万2千円相当の地域共通クーポン付与)
※1泊あたり1人14,000円が上限(14,000円×7泊=98,000円)のため

3.JR長距離切符や一筆書き切符を活用して日本一周旅行

JR長距離切符のイメージ

学生の頃に「青春18きっぷ」を使って貧乏旅行をしたという経験がある方もいらっしゃるのでは?「青春18きっぷ」は、年齢にかかわらず1枚の切符を1人5回まで乗り降りできるもの。

JR線の普通・快速列車普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーに利用できます。

実はこの他にも乗車料金が割安になる「一筆書き切符(乗車駅から複数駅を経由して乗車駅に戻る)」「JR長距離切符(移動距離101㎞以上が条件で有効期間中は何度でも途中下車できる)」とういものも存在します。

「Go To Travel」キャンペーンは夜行列車や夜行フェリーに1泊する場合も適用されますので、旅費をある程度抑えつつ、お得に日本一周するというプランもOK。

鉄道旅が好きなお2人ならこんな旅の仕方もありですね。

四国周遊ハネムーンモデルコース

エンジェルロード(香川)
エンジェルロード(香川)

奇跡の清流といわれる仁淀川(高知)や、手をつないで歩くと願いが叶うといわれるエンジェルロード(香川)など、自然が豊かに残されている四国はフォトジェニックスポットがいっぱい!ハネムーンらいしい特別な体験がいろいろ楽しめます。

短時間で効率よく回るならレンタカーの利用がおすすめ!運転が苦手という場合は、現地で貸切タクシーをチャーターするのもありです。

旅行日数に余裕があれば、オリーブ畑が広がる小豆島やアート島として有名になった直島、豊島、女木島などの離島へもぜひ足を延ばしてくださいね。

【参考モデルコース 4泊5日】
1日目:東京発==高知空港==高知観光・宿泊
2日目:高知発==愛媛観光・宿泊
3日目:愛媛発==香川観光・宿泊
4日目:香川発==徳島観光・宿泊
5日目:徳島観光==徳島空港==東京着

旅行日数目安:4泊5日前後
旅費目安:大人1名15~20万
※ホテル宿泊は2名1室利用の場合

<Go To Travelキャンペーンを活用した場合の費用目安>
例:4泊5日 1人当たり20万円の場合旅費負担額 14万4千円
助成金額は5万6千円(9月以降は2万4千円相当の地域共通クーポン付与)
※1泊あたり1人14,000円が上限(14,000円×4泊=56,000円)のため

中国地方周遊ハネムーンモデルコース

角島
角島(山口)

広島・岡山・鳥取・島根・山口をぐるりと周遊!スポットでは訪れたことがあるかもしれませんが、複数の県を一度に訪れるのはあまりないのでは?

広大な砂丘が広がる鳥取、縁結びの神様・出雲大社のある島根、フォトジェニックな光景が広がる角島や秋吉台で有名な山口、厳島神社や尾道でおなじみの広島、倉敷や鬼ヶ島伝説の残る鬼ノ城がある岡山。

ぜひこのチャンスに美しい日本の風景に出会う旅を満喫してみましょう。

旅行日程に余裕があれば、しまなみ海道をサイクリング!瀬戸内海に離島にも足を延ばしてくださいね。

【参考モデルコース 5泊6日】
1日目:東京発==鳥取空港==鳥取観光・宿泊
2日目:鳥取発==島根観光・宿泊
3日目:島根発==山口観光・宿泊
4日目:山口発==広島観光・宿泊
5日目:広島観光==岡山観光・宿泊
6日目:岡山観光==岡山から新幹線利用==東京着

旅行日数目安:5泊6日前後
旅費目安:大人1名20~30万
※ホテル宿泊は2名1室利用の場合

<Go To Travelキャンペーンを活用した場合の費用目安>
例:5泊6日 1人当たり30万円の場合旅費負担額 23万円
助成金額は7万円(9月以降は3万円相当の地域共通クーポン付与)
※1泊あたり1人14,000円が上限(14,000円×5泊=70,000円)のため

北海道周遊ハネムーンモデルコース

知床(北海道)
知床(北海道)

広大な大地が広がる北海道。アクセス便利な札幌や小樽、函館、富良野には行ったことがあるけど、他の都市はなかなか行けないという方も多いのでは?

世界遺産に登録された知床半島や利尻島、礼文島。湿原が広がる釧路、冬は流氷が押し寄せる網走、美肌の湯で有名な十勝などなど。まだ見ぬ北海道はたくさんあります。

基本はレンタカー利用がベストですが、旅行日程に余裕があれば、ローカル列車やバスを乗り継いでという旅もありですね。

【参考モデルコース 8泊9日】
1日目:東京発==北海道新幹線で函館へ==函館・観光・宿泊
2日目:函館発==小樽へ移動・観光・宿泊
3日目:小樽発==旭川へ移動・富良野や美瑛観光・宿泊
4日目:旭川発==網走へ移動・観光・宿泊
5日目:網走発==知床へ移動・観光・宿泊
6日目:知床発==釧路へ移動・観光・宿泊
7日目:釧路発==帯広へ移動・観光・宿泊
8日目:帯広発==札幌へ移動・観光・宿泊
9日目:札幌観光==新千歳空港発==東京着

旅行日数目安:8泊9日前後
旅費目安:大人1名20~30万
※ホテル宿泊は2名1室利用の場合

<Go To Travelキャンペーンを活用した場合の費用目安>
例:5泊6日 1人当たり30万円の場合旅費負担額 23万円
助成金額は7万円(9月以降は3万円相当の地域共通クーポン付与)
※1泊あたり1人14,000円が上限(14,000円×5泊=70,000円)のため

沖縄周遊ハネムーンモデルコース

与那国島(沖縄)
与那国島(沖縄)

南国気分が味わえる沖縄はハネムーンに大人気!少し長めの滞在で離島へも足を延ばしてみましょう。石垣島や宮古島へは直行便もあるので、そこを拠点に八重山諸島や宮古諸島などを訪れるのもいいですね。

アウトドアが好きなカップルならマングローブの原生林が広がる西表島、南十字星を見ることができる波照間島、テレビドラマ「Dr.コトー診療所」のロケ地になった与那国島、絶景が広がる久米島など、少し遠出がおすすめです。

ただし、波照間島は欠航が多いため、旅行日程に余裕をもって訪れることをお勧めします。

【参考モデルコース 6泊7日】
1日目:東京発==那覇空港==那覇周辺観光(瀬永島や慶良間島日帰りなど)宿泊
2日目:那覇発==石垣島へ移動・観光・宿泊
3日目:石垣島発==与那国島へ移動・観光・宿泊
4日目:与那国島発==石垣島へ移動==西表島へ移動・観光・宿泊
5日目:西表島発=小浜島へ移動・観光==竹富島へ移動・宿泊
6日目:竹富島発==石垣島へ移動==沖縄本島のリゾートへ移動・宿泊
7日目:リゾート発==那覇へ移動・観光==東京着

旅行日数目安:6泊7日前後
旅費目安:大人1名40~50万
※ホテル宿泊は2名1室利用の場合

<Go To Travelキャンペーンを活用した場合の費用目安>
例:6泊7日 1人当たり50万円の場合旅費負担額 38万円
助成金額は8万4千円(9月以降は3万6千円相当の地域共通クーポン付与)
※1泊あたり1人14,000円が上限(14,000円×6泊=84,000円)のため

≫沖縄ハネムーンプランもっと詳しく

「Go To Travel」キャンペーンでハネムーンまとめ

ハネムーンはキャンペーン利用でお得に

新婚旅行の費用1人1泊当たり35%が助成され、上限は1万4千円。

9月以降は旅費の15%分は、旅行先で活用できる商品券「地域共通クーポン」が不要される予定になっています。

つまり、最もお得に活用するなら、9月以降の実施で1人1泊当たりのコストが4万円がベストということになります。

国内旅行というと、自分で全部自由に手配してというのが主流になっていますが、今回の「Go To Travel」キャンペーンに関しては旅行会社に相談が最もお得。

ぜひ、ハネムーンコンシェルジュに相談して夢のハネムーンを叶えましょう!

ハネムーンコンシェルジュに相談


※ハネムーンプランを相談する場合は、キャンペーンを適用した金額ではなく、通常かかる旅費を予算として設定し、問合せしてください。

※2020年7月16日(木)赤羽国土交通相より、「Go To Travel」キャンペーンは「東京発着(都民の旅行)、東京を目的地にした旅行を除外」するとの報道がありました。プランを相談する際はご注意ください。

すでに「Go To Travel」キャンペーンを利用する前提で2020年7月22日以降の旅行を予約済の方は、還付金申請について紹介さいれているサイトを参照してください。

また、「Go To Travelキャンペーン」について質問等がある場合は、専用サイト&問合せ先が開設されましたので、以下に直接お問合せください。

【Go To Travelキャンペーン問合せ先】
03-3548-0520(10時~17時受付、土日祝休み)
※7月31日まで毎日受付:03-3548-0540
旅行者向けのホームページ≫