カールトン・ヒル(エジンバラ)

イギリスからの独立問題や、NHKドラマ「マッサン」で日本でも知名度をあげたスコットランド。

豊かな大自然とゴシック建築が立ち並ぶロマンティックで美しい都市。双方の魅力を併せ持つ、ハネムーンにおすすめの国です。

今回はスコットランドの基礎情報から、ハネムーンにおすすめの場所、日本からの行き方、交通情報をわかりやすくお伝えします。

スコットランドってイギリスのどの辺?どんな都市があるの?

世界地図スコットランド

スコットランドはイギリスの北側に位置する連合国(United Kingdom)のうちのひとつ。

スコットランドの首都エディンバラは北緯56度で、北海道よりも北にあたります。ケルト文化が未だ強く残る地域でもあり、イングランドとはまた違った雰囲気が味わえます。

さらにスコットランドの中でも、ローランドとハイランドという大きく二つの地域に分かれていることが特徴です。スコットランドの主要観光都市は以下の通りです。

ローランド地方

エジンバラ城

ハネムーンにおすすめ!エディンバラ
スコットランドの首都。17世紀の建物が未だ多く現存し、街全体が世界遺産に登録されている。

●グラスゴー
スコットランド最大の都市。ファッションや音楽などカルチャーが発達している街。

●スターリング
エディンバラとグラスゴーの中間にある小さな都市。美しいスターリング城は必見。

ハイランド地方

スカイ島などの島々

●インヴァネス
ハイランドの首都。ここからスコットランドの美しい島々へのパッケージツアーが出ている。

ハネムーンにおすすめ!フォート・ウィリアムスとネス湖周辺
ネッシーの居住地であり、ハリーポッターをはじめとするイギリス映画のロケ地としても有名な最古の自然が残る絶景地域。

ハネムーンにおすすめ!その他島々
スカイ島、アイラ島、ハリス地方、シェットランド諸島、オークニー諸島など、ウイスキーや羊毛業が盛んな島々。

スコットランドへ日本からはどうやって行く?飛行機やチケットの予約は?値段は?

エジンバラの街並み

残念ながら2019年現在、スコットランドー日本間の直行便は出ていません。

ロンドン・ヒースロー空港で乗り換え、またはオランダ・アムステルダム空港や、フランス・パリ空港を経由してスコットランドへ行くパターンが一般的です。

もしくはロンドンで数日観光したあと、日帰りまたは1泊2日でエディンバラやグラスゴーを訪れるという手段もあります。

その場合、最初と最後のロンドンのホテルを同じにしておくと、スーツケースをホテルで預かってもらえるメリットがあるのでおすすめです(このサービスはホテルによりますので、予約時に事前に確認をしてください)。

ロンドンからスコットランドまでの移動手段は3つ

おすすめは電車!
所要時間:約4時間30分
交通機関:ヴァージン・トレイン、クロス・カントリー、LNERなど数社が運行
往復予算:90〜150ポンド(約13,320~22,200円)

エディンバラとグラスゴーの中心駅からロンドン・パディントンやキング・クロス駅までをつないでいます。最も手間がかからずシンプルな移動方法です。時々安いチケットが売り出されるのでそれを狙うとお得。

●飛行機
所要時間:約5時間(空港へ向かうまでの時間込)
交通機関:ライアンエアー、イージージェットなど格安航空会社を利用
往復予算:約70〜100ポンド(約10,360~14,800円)

ロンドン・スタンステッド空港とエディンバラ空港をつなぐ格安便がありますが、空港に行くまでの手間や、荷物検査等を含むと、やはり電車がシンプルでおすすめです。

●バス
所要時間:約10時間
交通機関名:National Express社、Megabus社が運行
往復予算:30〜50ポンド(約4,440~7,400円)

もっとも安く移動する手段ではありますが、時間のある方以外にはおすすめしていません。

イギリスの夜行バスってどんな感じ?ロンドンから楽しむ長距離バスの旅

イギリス国内移動手段として鉄道や飛行機と並んで人気なのが、長距離バス。価格がリーズナブル、しかも乗換なしで目的地に到着できるから便利!というのが、支持率の高い理由。

今回はロンドンのヴィクトリア・コーチ・ステーションから、スコットランドのエディンバラまでの夜行バスの旅をご紹介します。

引用元:貸切バスの達人「バス観光マガジン」より

 

スコットランドハネムーンはツアー?個人手配旅行?

観覧車

ロンドン、湖水地方を含む、エディンバラやグラスゴーの主要箇所を観光できるツアーも日本では販売されており、日本語ガイドもついてくるので、ツアー利用するのも良い手段ではあります。

とは言っても、せっかくのハネムーン。やっぱり二人のペースでじっくり回りたいですよね。そんなカップルさんにおすすめのスコットランド新婚旅行オーダーメイドプラン例(4泊5日)をご紹介します。

■エディンバラ(1日目)
・エディンバラ城、ホリールード宮殿の主要観光地を観光
・アーサーズシートに登って美しいエディンバラの街並みを眺める
・ニュータウンにあるおしゃれなレストランでスコットランド料理を堪能

やじるし2

■グラスゴー(2日目 日帰り)
・500年前に建てられたグラスゴー大聖堂を観光
・グラスゴー大学、グラスゴー美術館で美しい建築や美術を観光
・レニーマッキントッシュ博物館でスコットランドのデザインに触れる
・音楽パブでケルト・ミュージックを聴きながらお酒を堪能

やじるし2

■ハイランド地方(3日目)
・エディンバラでレンタカーを借りてハイランド地方へ
・ウエストハイランドウェイの美しい自然の中をドライブ
・ハリーポッターにも出てくるグレンフィナン・ヴィアダクト鉄橋を観光
・ネス湖周辺のB&Bで一泊。夜は近くのパブで一杯楽しむのもおすすめ。

やじるし2

■ハイランド地方(4日目)
・朝、ネス湖周辺をお散歩
・道中にあるウイスキー蒸留所で工場見学&試飲体験(ドライバーの方は飲めません)
・ハイランド地方にいくつかある古城を観光
・ラッキーな場合は、道中でハイランド牛を見ることができます
・エディンバラに帰ってくる

やじるし2

■エディンバラ(5日目)
・カートンヒルに登ってエディンバラの街並みと共に記念撮影
・エディンバラ博物館で美術鑑賞
・市内でショートブレッドやカシミア製品など、スコットランド産のお土産をお買い物

以上が、私がおすすめする個人旅行でも十分にスコットランドをお二人で堪能していただけるオリジナルプランです。是非、参考にしてみてください。

スコットランドへの行き方とハネムーンおススメポイントまとめ

スコットランドは日本との直行便がなく、行くのが少し難しいイメージがあるかもしれません。でも、一回の乗り継ぎ、もしくはロンドンを拠点にすることで思った以上に簡単に訪れることが可能です。

そして、訪れた二人を裏切らない美しい街並みと風景、壮大な自然が、一生の思い出に残るハネムーンにしてくれることでしょう。

スコットランドはイギリスの北!イングランドとは違った独特の文化を持つ国
日本からの直行便はないので、ロンドン、または各ヨーロッパの主要都市からの乗り継ぎが必要
ロンドンースコットランド間の交通機関を利用して、ロンドン+スコットランド旅行も十分可能
スコットランドハネムーンにはロマンティックな街エディンバラと、ハイランド地方のドライブがおすすめ