リーガロイヤルグラン沖縄
(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

沖縄ハネムーンで大切なホテル選び。いつもの沖縄旅行とは違う、特別感が味わえるホテルを選びたいものです。

公共の交通機関はモノレールと路線バスだけ、という沖縄の場合、移動手段はレンタカーということが多いのですが、難点はお酒を飲めないこと。せっかく沖縄の夜を楽しむなら、おいしいお酒を2人で味わいたいものですよね!

今回はなんと、ゆいレール「旭橋駅」直結という利便性抜群のラグジュアリーホテル「リーガロイヤルグラン沖縄」をご紹介しましょう。

沖縄の温かで快適なおもてなしの心を感じるハイクオリティなシティリゾート

リーガロイヤルグラン沖縄のロビー
(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

那覇空港から車で約10分、ゆいレールの「旭橋駅」直結、国際通りへは徒歩約10分というアクセス抜群の「リーガロイヤルグラン沖縄」。

実はこのホテルのロビー、最上階である14階にあります。それはすべてのお客様に素晴らしい景色を味わっていただくため。

那覇港や空港、東シナ海まで一望できる感動的な景観が広がり、開放感たっぷり。南の島へ来たという実感が湧いてきます。

各フロアは沖縄の自然をモチーフにしたテーマで演出されており、客室のインテリアもそのテーマに沿ったデザイン。リピーターであっても毎回違う感動を味わえるのが人気の秘密です。

森をテーマにした客室(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
「森」をテーマにしたフロアの客室(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
「海」をテーマにした客室(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
「海」をテーマにした客室(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

パブリックスペースや客室の随所に飾れているアート作品は、沖縄出身やゆかりのある作家によるもの。沖縄の自然や伝統文化、歴史などが感じられる陶器や絵画、ガラス作品は、美術館に足を踏み入れたような印象を受けることでしょう。

ロビーの飾り(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
ロビーに飾られているガラスのアート作品(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

ハネムーンなら客室はプレミアフロアがおすすめ

「リーガロイヤルグラン沖縄」の客室はすべて35㎡以上の広さ。スタンダードであってもゆったりと滞在できますが、新婚旅行ならいつもよりも贅沢にプレミアフロアをおすすめします。

ホテル11階から13階に位置し、眺望の素晴らしさはお墨付き。ワンランク上の滞在を楽しめる特別な空間とサービスになっています。

70㎡と最も広いお部屋のロイヤルスイート。

ロイヤルスイート(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
ロイヤルスイート(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

13階にあり、那覇港や飛行機の離発着も見える大きな窓が開放感たっぷり。沖縄の美しいサンセットや夜景をまさに2人占めできます。

同じく13階にあり、わずか4室しかないグランスイート。52㎡とこちらもゆったりとした広さです。

グランスイート(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
グランスイート(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

シックなインテリアで統一され、安らぎと落ち着きの時間を過ごすことができます。

どの客室のベッドも、世界の名だたるラグジュアリーホテルで採用されているシモンズ社、シーリー社と共同開発した高品質なベッドマットレスを導入。肌ざわりのよいコットン100%のリネンで快適な眠りを支えます。

特に「リーガロイヤルグラン沖縄」のこだわりはバスルーム。LIXIL社と共同開発した高品質な浴槽と洗い場が付いたゆったりめのレイアウトになっています。

バスタブの背もたれ分は2段階の傾斜を持たせた腰に負担がかかりにくいデザイン。タルゴシャポンのオリジナルバスアメニティで、リラックスしたバスタイムを楽しめます。

バスルーム(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
バスルーム(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

客室によっては、バスルームから外の景色や海が見えるレイアウトになっているのがうれしいポイント。よりくつろげる演出になっています。

プレミアフロアの特別サービス

長旅にはうれしいアーリーチェックイン&レイトチェックイン
通常よりも1時間早く(14時)客室へ入れ、1時間長く(12時)客室を使用できます。
14階ラウンジでコーヒーと紅茶のフリーサービス(11時~23時30分)
オリジナルカクテル1杯サービス(18時~23時30分)
ホテル最上階にあるバーで、沖縄の夜を2人でロマンティックにお過ごしください。
こだわりのやちむん茶器と銘菓でおもてなし
最高品質の原材料を厳選してつくられる幻の沖縄銘菓「くがにちんすこう」をご用意。
沖縄産バスソルトとLA MERの基礎化粧品キットプレゼント
沖縄の海で獲れた塩を使用。「久米島」「宮古島」「石垣島」などをイメージした色と香りを楽しめます。
ディナー時に窓際席を優先予約受付(18時~LO20時30分)
那覇の夜景を一望できる特等席を優先リザーブ可能。ハネムーンの素敵な思い出になります。
高層階からの眺望が楽しめます(11~13階フロアの客室)

個室やバーラウンジもある、ゆったりとしたダイニング

ホテル14階にある「Dining19」は、数々の老舗ホテルで腕を磨いてきた料理長が提供するオリジナルメニューが人気のレストラン。窓からは那覇の街並みから慶良間諸島まで見渡せ、時間と共に移り変わる美しい景色が自慢です。

Dining19(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
Dining19(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

なかでも質にこだわった和洋朝食ブッフェは宿泊客から大人気です。

朝食ブッフェ(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
朝食ブッフェ(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

沖縄定番のチャンプルーやゆし豆腐、もずく、ミミガー、じーまみ豆腐など厳選した県食材を使ったメニューが豊富にラインナップ。国産の有機大豆を使った納豆や有明産の焼きのり、紀州の梅干しなど産地や栽培方法にこだわった一品を揃えています。

ぱりっとシューシーなこだわりソーセージやベーコン、目の前で焼いてくれる卵料理、手作りのワッフル、パンケーキなども人気のメニュー。

新鮮野菜とフルーツたっぷりの日替わりスムージーや種類豊富なパンなど、思わず目移りしてしまうほどです。

ランチタイムはメインディッシュが選べるハーフブッフェスタイル。夜はコース料理かアラカルトを選べるようになっています。

昼のハーフブッフェ(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
昼のハーフブッフェ(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

ハネムーンらしい思い出に残るようなディナータイムを楽しみたい場合は、アニバーサリープラン(要予約)はいかがでしょうか?

お2人で25,000円、シェフお任せのコース料理と120分飲み放題付き。特典としてオリジナルアニバーサリーケーキ、記念撮影、ホテルオリジナルお菓子のお土産がついてくるお得なプランです。

アニバーサリープラン
アニバーサリープラン(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

お食事前にシャンパンで乾杯!内緒で準備したサプライズプレゼントを渡すのもいいですね。

10時から18時までオープンするラウンジ。有機ブレンドコーヒーやソフトドリンク、軽食、デザート類などを提供しています。

ラウンジ(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
ラウンジ(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

また、18時以降はバーがオープン。ディナーの前に軽くアペリティフを楽しんだり、食後のくつろぎタイムを満喫してもいいですね。

ビールやカクテルの他、沖縄らしい泡盛の古酒もそろっています。

バー(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)
バー(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

子ども連れで宿泊するお客様が少ないこともあり、大人が愉しめる空間になっているのがうれしいポイントです。

マリンアクティビティや街歩き、観光にも便利

ホテルのある「旭橋駅」周辺は、飲食店の多い久茂地や松山へも大変近く、地元でも有名なステーキハウスがたくさんあります。

沖縄といえばステーキ!

超有名店の「ジャッキーステーキハウス」や種類豊富な「ステーキハウス88」、新婚カップルにおすすめの鉄板焼「碧(へき)」など人気店がずらり。お酒を飲んでもさっと帰れるので便利ですね。

またホテル宿泊客は、慶良間諸島への日帰り海遊びツアーが特別料金に!美しい慶良間ブルーを体験できるダイビングやスノーケルツアーをぜひお2人で楽しんでみては?

慶良間諸島でマリンアクティビティ
慶良間諸島でマリンアクティビティ

レンタカーも特別料金で借りることができるので、美ら海水族館や斎場御嶽などの世界遺産巡り、ニライ橋、瀬長島へドライブや観光に出かけるのもおすすめです。

ラグジュアリーでモダンなシティリゾートで快適な滞在。ロマンティックなシチュエーションもたくさんある「リーガロイヤルグラン沖縄」で、最高の沖縄ハネムーンを楽しんでみては?



リーガロイヤルグラン沖縄 RIHGAROYAL GRAN OKINAWA

夜のライトアップされたホテル
(写真提供:リーガロイヤルグラン沖縄)

ホームぺージ

住所:沖縄県那覇市旭町1-9
電話:(代表)/098-867-3337(宿泊予約)


●アクセス:那覇空港から車またはタクシーで約10分、ゆいレール「旭橋駅」から徒歩2分(駅直結)

沖縄新婚旅行の予算・日数・モデルプラン詳しくはこちら>>